次回は『ビジネスの教科書』で検索ください

エックスサーバーでSSLを設定してワードプレスに反映させる方法

ブログは「https://〜」で始まるアドレスじゃないと、SEO的に良くないって聞いたんですけどどうなんですか?

だいぞう

そうなんです。

「https://〜」で始まるSSLに対応したアドレスじゃないと、セキュリティが甘いということでGoogleなどの検索エンジンから敬遠されるようです。

これから設定方法を画像付きで解説しますね。

「https://〜」のアドレスと、「http://〜」のアドレスの違いは、通信が暗号されているか否か、です。

世の中の通信セキュリティの高まりで、Googleも「https://〜」のアドレスを持つウェブサイト、つまりSSL対応しているウェブサイトを推奨するようになりました。

そのためWordPressを使ったブログでも、個人・法人を問わずSSL化することが求められています。

ということで今回は、エックスサーバー(Xserver)にインストールしているワードプレス(WordPress)で、SSLの設定を行う手順をわかりやすく解説します。

この記事の内容
  • SSLを設定しないとSEO対策で不利になる
  • エックスサーバーでのSSL設定手順

SSLを設定しないとSEO対策で不利になる

インターネットをしていて、

  • http://〜.com
  • https://〜.com

のようなアドレスの違いを見かけたことはあるでしょうか?

最近のインターネットブラウザは、アドレス欄に「http」や「https」などと表示されませんが、「https」のアドレスには「南京錠のアイコン」が表示されます。

あなたの見ているこのページも、アドレス欄の先頭に南京錠のアイコンが付いているはず。

これは、

  • 「https」のアドレスで暗号化された安全な通信をしている

という意味で、Googleが安全なサイトの条件として推奨している設定です。

もしアドレスの先頭が「http」のままだと、画面に「保護されていない通信」と表示されてしまい、ブログを訪問した人が不安な気持ちになります。

なので、

  • ブログの通信を暗号化する

ために「SSL(エスエスエル、Secure Sockets Layer)」を設定する必要があります。(「https」の「s」は「SSL」という意味です。)

エックスサーバーでのSSL設定手順

ここからの設定は、

  • 独自ドメインが追加されている
  • 独自ドメインの追加で「無料独自SSLを利用する」を選択している
  • エックスサーバーにワードプレスがインストールされている

ことが前提になります。

条件を満たしていない場合は、以下の記事に手順をまとめているのでご確認ください。

ここまで問題のない方は、設定の手順に進みましょう。

以下のリンクからエックスサーバーの「サーバーパネル」に移動してください。

エックスサーバーのサーバーパネル

エックスサーバーのサーバーパネル

サーバーパネルにログインしたら「SSL設定」というリンクを探してクリックします。

サーバーパネルのドメイン選択画面

サーバーパネルのドメイン選択画面

「ドメイン選択画面」が表示されるので、取得したドメインの右側にある「選択する」ボタンをクリックしてください。

サーバパネルのSSL設定一覧

サーバパネルのSSL設定一覧

「SSL設定」のページに移動するので、「無料独自SSL一覧」の中に、「https」で始まる「SSL用アドレス」があることを確認してください。

そして今度は、ワードプレスの管理画面に戻ります。

ワードプレス管理画面

ワードプレス管理画面

ワードプレスの管理画面の左側のメニューから「設定」→「一般」を選んでください。

ワードプレスの一般設定

ワードプレスの一般設定

「一般設定」の画面が開くので、

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

の両方のアドレスの先頭を「https」に書き換えてください。

そして書き換えたら、画面を下にスクロールします。

ワードプレスの一般設定の保存

ワードプレスの一般設定の保存

そうすると「変更を保存」というボタンが表示されるのでクリックします。

ここで急に画面がログインページに戻されますが、あわてないでください!

ワードプレスのログイン画面

ワードプレスのログイン画面

いつものようにユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」すれば大丈夫です。

これで設定完了です!

ブログのアドレスが「http://〜」から「https://〜」に変更されました。

エックスサーバーでのSSL設定まとめ

今回はブログのセキュリティを高める「SSL設定」を解説しました。

サーバーでSSLを設定しても、ワードプレスの設定をしていなければ機能しないのが難点ですね。

しかしこの設定は、Googleがサイトのセキュリティを重視するようになって必須の設定となりました。

少し面倒に感じるかもしれませんが、すべてのサイトでSSL設定をすることをおすすめします。

SSLの設定が済んだら、今度はブログのアドレスを「wwwなし」に統一することをおすすめします。

詳細については以下の記事にまとめているので、是非ご覧ください。

Xserverでwwwなしのアドレスに.htaccessで統一する方法 エックスサーバーで「wwwなし」のアドレスに .htaccess で統一する方法

ちなみにエックスサーバーの「WordPressクイックスタート」というサービスを使えば、

すべて一括で行えます。…問題は、サーバーやドメインを契約する前じゃなければいけないこと。

ということで別のブログを立ち上げる機会があれば、検討してみてください。

WordPressクイックスタート」については以下の記事でレビューしているので、ぜひご覧ください。

簡単10分!WordPressブログの作り方:初心者向け解説【2020年版】

だいぞう

2020年11月5日18:00まで、エックスサーバー さんが「ドメイン永久無料&月額料金20%OFFキャンペーン」を行っています。

  • サーバー契約中のドメイン更新料が永久無料
  • 12ヶ月以上の契約で利用料金が20%OFF(月額720円〜)

です。

今なら安く始められますね!