次回は『ビジネスの教科書』で検索ください

エックスサーバーで「wwwなし」のアドレスに .htaccess で統一する方法

Xserverでwwwなしのアドレスに.htaccessで統一する方法

自分のブログが先頭に「www」が付くアドレスとそうでないアドレスのどちらでも表示できちゃうんですが、これって問題ないんでしょうか?

だいぞう

残念ながら後々問題になるかもしれません…。

「www」が付くアドレスと付かないアドレスが混在していると、アクセス解析をするときに別々に集計されてしまうので、分析作業がとっても面倒になるんです。

ブログでもウェブサイトでも、何も設定していない状態では、

  • https://www.〜.com
  • https://〜.com

のどちらでもアクセスできてしまうことがあります。

しかしこのまま放っておくと、同じページでも検索結果で別々に表示されてしまったり、アクセス解析の数値がバラバラに計測されたりと問題が起きます。

そこで今回はエックスサーバーで「wwwなし」のアドレスに統一する方法を、わかりやすく解説しようと思います。

この記事の内容
  • ブログのアドレスを統一した方がいい理由
  • 「.htaccess」でアドレスをwwwなしに統一する手順

ブログのアドレスを統一した方がいい理由

ワードプレスをインストールしたままの状態では、

  • https://取得したドメイン.com

でも、

  • https://www.取得したドメイン.com

でも、あなたのブログにアクセスすることができてしまいます。

なぜこのままではダメかというと、

  • 検索エンジンが「https://〜」と「https://www.〜」のページは別々のページとして認識する

ので、

  • Googleなどの検索エンジンがコンテンツの重複と判断してしまう
  • アクセス解析で別々のページとしてアクセス数が記録されてしまう

といったデメリットが発生するのです。

特にブログを改善するためには、記事ごとのアクセス解析が必須となります。

そのため、ブログの記事を書き始める前にアドレスを統一しておく必要があります。

「.htaccess」でアドレスをwwwなしに統一する手順

ここからはその具体的な手順を説明します。

まず以下のリンクからエックスサーバーの「サーバーパネル」に移動してください。

サーバーパネルのトップページ

サーバーパネルのトップページ

サーバーパネルにログインしたら、「.htaccess編集」というボタンをクリックしてください。

サーバーパネルのドメイン選択画面

サーバーパネルのドメイン選択画面

「ドメイン選択画面」が表示されるので、取得したドメインの右側にある「選択する」ボタンをクリックしてください。

サーバーパネルの.htaccess編集

サーバーパネルの.htaccess編集

「.htaccess編集」のページに移動するので、「.htaccess編集」というタブをクリックしてください。

サーバーパネルの.htaccess編集画面

サーバーパネルの.htaccess編集画面

そうすると上記のような画面が表示されると思います。

ここで一旦、下の枠の中にあるソースコードをコピーしてください。

.htacess
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

そして今コピーしたコードを、「.htaccess」の欄を改行した上のスペースに貼り付けます。

.htaccessの追記

.htaccessの追記

ここで改行する際に、うっかり元々のコードを変更してしまわないように、メモ帳か何かにコピーしておくと安全かもしれません。

もし、元々のコードの一部が削除されたりすると、ブログが消えてしまうことがあるのでご注意を!

うまくソースコードを追記できたら、画面を下にスクロールさせてください。

.htaccessの確認画面に進む

.htaccessの確認画面に進む

確認画面へ進む」というボタンが表示されると思うのでクリックします。

.htaccess編集の確認画面

.htaccess編集の確認画面

確認画面が表示されるので、先ほど追記したコードが追加されていることを確認します。

そして問題がなければ、画面を下にスクロールします。

.htaccess編集の実行

.htaccess編集の実行

実行する」というボタンが表示されるのでクリックします。

.htaccess編集の完了

.htaccess編集の完了

ページが切り替わって「.htaccessの編集が完了しました。」と表示されたら設定は完了です。

これで、

  • https://www.取得したドメイン.com

というアドレスでアクセスしても、

  • https://取得したドメイン.com

「www」が無いアドレスに統一されるようになりました。

エックスサーバーで「wwwなし」のアドレスに統一する方法まとめ

今回は、エックスサーバー(Xserver)で「.htaccess」の設定を変更をすることで、

  • 「https://www.〜.com」のアドレスを「https://〜.com」に統一する手順

について説明しました。

これで、

  • Googleなどの検索エンジンがコンテンツの重複と判断してしまう
  • アクセス解析で別々のページとしてアクセス数が記録されてしまう

といったことはなくなるはずです。

ちなみに余談ですが、エックスサーバーの「WordPressクイックスタート」というサービスを使えば、

というすべての作業を10分程度で終わらせることができます。

これはサーバーやドメインを契約する前じゃなければいけないのですが、別の記事で詳細をレビューしてますので、興味のある方はぜひご覧ください。

たった10分!WordPressブログの作り方:初心者向け解説【2020年版】