次回は『ビジネスの教科書』で検索ください

ウェルスナビの運用実績を公開【2020年7月度】好調なアメリカ株と金の急騰

ウェルスナビ運用実績2020年07月

だいぞう

2020年7月のウェルスナビの運用実績を公開します。

今月はコロナショックから回復基調が続くアメリカ株(VTI)と、月の後半から急騰した金(GLD)に引っ張られて資産は0.28%のプラスになりました。

翌月の実績ウェルスナビの運用実績を公開【2020年8月度】米国ハイテク株の続伸

も、併せてご覧ください。

ウェルスナビ2020年7月の運用実績

筆者は2020年7月6日からウェルスナビ(WealthNavi)で資産運用を始めたので、運用報告は今月が初めて!

ウェルスナビの運用開始最低金額は10万円ということで、運用額10万円からのスタートです。

世界の株価はコロナショックからかなり回復したものの、新型コロナウイルスは世界中で感染拡大していて、実体経済へのダメージも大きくまだまだ収束の兆しが見えない状況。

そんな中での、2020年7月の株の動きはどうだったんでしょうか?

だいぞう

このブログでは、単純に増えた減っただけでなく、資産が増減した理由も解説します。

ウェルスナビで資産運用をしている方もそうでない方も、ぜひ読んでいってくださいね。

この記事の内容
  • 米国株(VTI)は好調なハイテク株でコロナ前の状況までほぼ回復
  • 金(GLD)はドル安と金融緩和によって7月後半に急騰
  • 日欧株(VEA)は主要な市場が7月後半に下落

ウェルスナビのポートフォリオ2020年7月

では早速、今月のウェルスナビのポートフォリオを確認してみましょう。

ウェルスナビのポートフォリオ2020年7月

ちなみに筆者のポートフォリオは「リスク許容度5」です。

「リスク許容度って何?」という方は、別の記事で解説しているのでご覧ください。

今月頑張ってくれたのは、

  • 米国株(VTI)
  • 金(GLD)

で、逆に足を引っ張ったのが、

  • 日欧株(VEA)

でした。

ここからはそれぞれを詳しくみていきます。

米国株(VTI)は好調なハイテク株でコロナ前の状況までほぼ回復

まずは、バンガード社の運用するアメリカ株のETFである「VTI」こと「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF 」です。

VTIの推移2020年7月

値動きを見ると、確かに7月は順調に推移していますね。(※上図は筆者がウェルスナビを始めた7月6日以降の推移を表示)

わずか3%の上昇ですが、VTI(米国株)はウェルスナビのポートフォリオの3分の1を占めているので影響は大きいです。

6月の急騰・急落でつけた山もわずかに超えました。

そして7月末で165ドルまで上昇したので、コロナショック前(2020年2月)の価格である170ドルにほとんど回復したと言えます。

じゃあなんでこんなに好調かというと、VTI(米国株)の26.4%を占めているハイテク株が好調だったから。

わかりやすいところだと、

  • Google(Alphabet)
  • Apple
  • Facebook
  • Amazon

といった、テック界の巨人 GAFA(ガーファ)の株とかですね。いずれもアメリカが誇る大企業。

ちなみにVTI(米国株)ではGAFA株がポートフォリオの18%程度を占めています。

コロナ対策による在宅需要の増加で、コロナショック後も大幅に株価を伸ばしてきた銘柄です。

このハイテク株が、ウェルスナビの運用実績を伸ばしています。

金(GLD)はドル安と金融緩和によって7月後半に急騰

次に、ステートストリート社の運用する金(ゴールド)の値動きと連動しているETF「GLD」こと「SPDR® ゴールド・シェア 」です。

GLDの推移2020年7月

こちらはなんと10%以上の値上がり!(※上図は筆者がウェルスナビを始めた7月6日以降の推移を表示)

ウェルスナビのポートフォリオでは1割にも満たない割合ですが、大きくプラスに貢献してくれました。

金先物の価格は、コロナショックで暴落したものの、その後はコロナ前の水準以上に回復。

しばらく横ばいだったんですが、6月からじわじわと上がり始め、7月後半で爆上げした模様。(銀やプラチナも高騰しました。)

その理由は、

  • 各国の金融緩和
  • ドル安

だと言われています。

特にドル安の傾向は非常に顕著。こちらの「ドルインデックス(DXY)」グラフをご覧ください。

ドルインデックスの推移2020年7月

7月に入ってドルが4%近く下落しています。

この「ドルインデックス(DXY)」というのは、日本やヨーロッパなどの主要国通貨に対する価値を指数化したもの。「米ドル指数」とも呼ばれます。

わかりやすく言うと、他の国の通貨と比べてアメリカドルが安いのか高いのかを総合的に表している数値のこと。

それで、このドルインデックスが下がっていれば、円とかユーロとかでドルが安く手に入るということです。つまり世界的なドル安傾向にあります。

そして多くの金(ゴールド)はドル建てで買われています。

つまり、アメリカドルが安いから、自国のお金をドルに両替して金(ゴールド)を買う。そうすれば、金(ゴールド)を安く買える、ということになります。

ややこしいのでもう一度まとめると、

  1. ドルの価値が下がってドル安になる
  2. 同じ自国通過でたくさんのドルに換金できる
  3. 換金したドルで金(ゴールド)を買う
  4. 金(ゴールド)の値段が上がる

という流れです。

この他にも、各国が金融緩和して金余りだとか色々と理由がありますが、とにかく金(ゴールド)が値上がりしました。

7月の上旬に、ドルインデックスがずるずると下落傾向になってきたので「そろそろ金銀プラチナが上がるのでは?」と思って仕込んでいた投資家も多くいたようです。

10%の値上がりというと、もし7月の頭に100万円分の金を買ったら、7月末に110万円になって返ってくるみたいな増え方なので大きいですよね。

ちなみに金(ゴールド)は中長期的にも値上がりすると予想されているので楽しみにしています。

日欧株(VEA)は主要な市場が7月後半に下落

最後に、バンガード社の運用するアメリカ以外の先進国株のETFである「VEA」こと「バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF 」です。

VEAの推移2020年7月

7月の月初から見ると値上がりしているものの、筆者がウェルスナビを始めた7月6日を基準に見ると下落です。

VEA(日欧株)は、ウェルスナビでは、VTI(米国株)と同じくポートフォリオの3分の1を占めています。なので、運用成績への影響は大。

VEA(日欧株)は、

  • 日本株:22.8%
  • イギリス株:12.6%
  • カナダ株:8.4%
  • スイス株:8.2%
  • フランス株:7.9%
  • ドイツ株:7.7%
  • その他株:32.4%

と、上位比率6カ国で7割近くを占めています。(2020年6月30日時点)

そして2020年7月はカナダ株以外の株はほとんど下落しました。

さらに、筆者がウェルスナビを始めた7月6日前後はいずれも高値で推移していたため、VEA(日欧株)の下落幅も大きくなってしまいました。

ウェルスナビ運用実績公開2020年7月まとめ

2020年7月をまとめると、金(ゴールド)の高騰に助けられた感じです。

競合のロボアドバイザー「THEO(テオ)」も金ETFをポートフォリオに組み込んでいるので、ウェルスナビのように恩恵を受けることができました。

そして勢いが衰えないのがアメリカのハイテク株。その他の先進国株式が下落しましたが、それをカバーする形となりました。

日本やヨーロッパには、アメリカのGAFAに相当するような企業が存在しないため、まだしばらくはVTI(米国株)や金(GLD)に運用益を頼る展開が続きそうです。

競合するロボアドバイザーのTHEO(テオ)、楽ラップ、そして3社の比較についてもレポートを書いているので、ぜひご覧ください。

また、ウェルスナビについて詳しく知りたい、という方向けにまとめ記事を書きました。

ウェルスナビの評判や手数料といったありきたりの情報だけでなく、他のロボアドバイザーと比較した場合のポートフォリオの特徴や、口座開設にかかった日数というような筆者の実体験の情報も掲載しています。

↓↓↓ 以下の記事もぜひご覧ください! ↓↓↓

ウェルスナビの評判は?メリット・デメリットをわかりやすく図解