次回は『ビジネスの教科書』で検索ください

THEO(テオ)の運用実績を公開【2020年7月度】金(IAU)の高騰とドル安

テオの運用実績2020年7月

だいぞう

2020年7月のTHEO(テオ)の運用実績を公開します。

今月は金(IAU)が急騰したものの円安ドル高の煽りを受けて、資産は0.68%のマイナスになりました。

翌月の実績THEO(テオ)の運用実績を公開【2020年8月度】米国不動産ETF「XLRE」登場

も、併せてご覧ください。

テオの運用実績2020年7月

筆者は2020年7月6日からTHEO(テオ)で資産運用を始めたので、運用報告は今月が初めてとなります。

THEO(テオ)の運用開始最低金額は10万円ということで、運用額10万円からのスタートです。(※THEO+docomoは1万円からスタート可能)

世界の株価はコロナショックからかなり回復したものの、新型コロナウイルスは世界中で感染拡大していて、実体経済へのダメージも大きくまだまだ収束の兆しが見えない状況。

そんな中での、2020年7月の株の動きはどうだったんでしょうか?

だいぞう

このブログでは、単純に増えた減っただけでなく、資産が増減した理由も解説します。

THEO(テオ)で資産運用をしている方もそうでない方も、ぜひ読んでいってくださいね。

この記事の内容
  • グロース株は低迷:新興国株(VWO)など横ばいでもドル安で含み損
  • インフレヘッジ資産は金(IAU)だけが上昇
  • インカム債権は米国投資適格債(SPAB)が伸びるもドル安で相殺

THEO(テオ)のポートフォリオ2020年7月

では早速、今月のTHEO(テオ)のポートフォリオを確認してみましょう。

テオのポートフォリオ

ちなみに筆者のポートフォリオは「値上がり益重視」です。

THEO(テオ)は231通りのポートフォリオのパターンが存在していますが、ポートフォリオと運用成績についての詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

今月頑張ってくれたのは、

  • 金(IAU)@インカム

で、逆に足を引っ張ったのが、

  • その他の株・債権すべて

ということで、非常に厳しい月でした。 ここからはそれぞれを詳しくみていきます。

グロース株は低迷:新興国株(VWO)など横ばいでもドル安で含み損

まずはTHEO(テオ)のポートフォリオの56%を占めるグロース株を見ていきましょう。

THEO(テオ)グロース株の推移2020年7月

ざっと見ると全部マイナスなのですが、特にマイナスの額が大きかったのが新興国株(VWO)です。

VWOは、バンガード社が運用する新興国株式を束ねたETF「バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF 」。

この新興国株(VWO)は、

  • 中国株:43.9%
  • 台湾株:15.4%
  • その他:40.7%

と、中国と台湾の株で6割を占めています。

上位の企業を見ると、

  • アリババグループ:7.2%
  • テンセント:5.9%
  • TSMC(台湾セミコンダクターマニュファクチャリング):4.6%

といった世界的に有名なハイテク企業が名を連ねています。

新興国株(VWO)の推移2020年7月

7月は株価の推移を見る限りは横ばいなんですが、THEO(テオ)のポートフォリオ上では損失が出ています。(※上図は筆者がTHEO(テオ)を始めた7月6日以降の推移を表示)

その理由は、7月は円高ドル安が進んで、ドル建ての新興国株(VWO)の円換算の数値が下がったから。

実際のドル円の動きは以下のとおり。

ドル円の推移2020年7月

筆者がTHEO(テオ)を始めてから、月末までにドルの価値は1.4%ほど下落したため、新興国株(VWO)の株価が変わらなかったとしても、200円ほど資産がマイナスになる計算です。

これは他のグロース株でも同様で、

  • 米国割安株(SPYV)
  • 米国成長株(SPYG)

などは3%前後のプラスだったにもかかわらず、ドル安の影響で円換算の資産はマイナスでした。

ということで、8月以降で円安ドル高に振れれば、資産もググッと増えるはずです。

インフレヘッジ資産は金(IAU)だけが上昇

次に、THEO(テオ)のポートフォリオの14%を占めるインフレヘッジ資産を見ていきましょう。

THEO(テオ)インフレヘッジ資産の推移2020年7月

インフレヘッジ資産では、ブラックロック社が運用する金(ゴールド)の価格と連動したETFである「IAU」こと「iシェアーズ ゴールド・トラスト 」だけが含み益を出しました。

こちらがそのチャートです。

金(IAU)の推移2020年7月

こちらもドル建てのETFなので、ドル安の影響を受けたのですが、7月の後半から暴騰してポートフォリオでもプラスになりました。

その理由は、

  • 各国の金融緩和
  • ドル安

などと言われますが、ウェルスナビ(WealthNavi)のレポートの方に詳しく書いたので、ぜひご覧ください。

しかし残念なのは、THEO(テオ)のポートフォリオでは金(ゴールド)の割合は5%以下と少なめ

プラスになった金額もウェルスナビ(WealthNavi)の金(GLD:IAUと同じタイプの金ETF)の半分以下と、金価格の高騰の恩恵は限定的となりました。

ただ逆に言えば、資産のリスク分散ができているということなので、金(ゴールド)が暴落した際には、THEO(テオ)の方がダメージが小さくなるでしょう。

インカム債権は米国投資適格債(SPAB)が伸びるもドル安で相殺

最後に、THEO(テオ)のポートフォリオの30%を占めるインカム債権を見ていきます。

THEO(テオ)インカム債権の推移2020年7月

こちらで大きく足を引っ張ったのが、ステートストリート社が運用するアメリカの投資適格債ETFの「SPAB」こと「SPDR®ポートフォリオ米国総合債券ETF 」でした。

投資適格債というのは、信用力の高い債権のこと、つまりお金を貸してもほぼ確実に返済される債権のことです。

その投資適格債に投資したETFが米国投資適格債(SPAB)です。

米国投資適格債(SPAB)の推移2020年7月

米国投資適格債(SPAB)のチャートを見てみると、7月は1.3%ほどの上昇。

ではなぜTHEO(テオ)のポートフォリオでマイナスになっているかというと、新興国株(VWO)と同じく、円高ドル安が原因です。

ポートフォリオにも「ドル建ての投資適格債」って書かれているので文字通り。

そのため米国投資適格債(SPAB)の上昇以上に、ドルの価格が下落したので、円に換算するとマイナスという結果になりました。

THEO(テオ)運用実績公開2020年7月まとめ

2020年7月をまとめると、好調なETFも円高ドル安に泣かされたという感じです。

7月の市場で伸びていたのは、アメリカのGAFA(ガーファ)をはじめとするハイテク株と金(ゴールド)です。

ライバルのロボアドバイザー「ウェルスナビ(WealthNavi)」と比較すると、ポートフォリオに含まれるGAFA株の割合と、金(ゴールド)ETFの割合が少ないため、差をつけられる形になりました。

この傾向が続けば、ウェルスナビ(WealthNavi)にさらに引き離されそうです。ということで、THEO(テオ)に関しては潮目が変わることを期待します。

競合するロボアドバイザーのウェルスナビ、楽ラップ、そして3社の比較についてもレポートを書いているので、ぜひご覧ください。

また、THEO(テオ)について詳しく知りたい、という方向けにまとめ記事を書きました。

THEO(テオ)の評判や手数料といったありきたりの情報だけでなく、他のロボアドバイザーと比較した場合のポートフォリオの特徴や、口座開設にかかった日数というような筆者の実体験の情報も掲載しています。

↓↓↓ 以下の記事もぜひご覧ください! ↓↓↓

THEO(テオ)の評判は?THEO+ docomoはオススメしません【結論】