次回は『ビジネスの教科書』で検索ください

ブログで日記を書いて収益を得ることは可能!書き方はPREP法とSDS法

ブログで日記を書いて収益を得る

ブログで日記を書こうと思っているんですが、どれくらい稼げるもんなんでしょうか?

生活の足しになりますかね?

だいぞう

日記で月1〜3万円ほど稼ぐことは誰でもできますよ。

日記の内容が「読者の問題解決」か「読者の情報収集の手助け」のどちらかであれば、より稼ぎやすくなります。

ブログといえば日記、というイメージを持っている方も多いはず。気軽に書き始められるし、自分の日常を書けばいいのでネタも尽きなさそうです。

なので「苦労せずお小遣い程度稼げたらいいな〜」なんて思って、興味を持つ人もたくさんいます。

そこで今回は、

  • どんな仕組みで日記で収益を得られるの?
  • 収益が得られるならどれくらい稼げるの?
  • 収益が得られる日記の書き方ってあるの?

といった質問に答えたいと思います。

ブログで日記を書いて月1〜3万円ほど稼ぐことは誰だって可能です。ただし、注意しなければならないのはその書き方。

この記事でお伝えする2つの書き方(PREP法とSDS法)を真似するだけで、半年後には日記ブログでも収益が上がるようになります。

長年WEBデザイナーやWEBコンサルタントとして様々なブログ立ち上げを手伝い、自身も月間10万PVを超えるブログを運営する筆者が、日記ブログの収益化をわかりやすく説明します。

ブログで日記を書いて収益が上がる仕組み

ブログで日記を書いて収益が上がる仕組み

ブログの記事が収益に変わるのは、

  • 記事と一緒に表示された広告が読者にクリックされる
  • 記事で紹介した商品が読者に購入される

という2つのパターンがメインです。

そしてそれを実現するサービスで代表的なものは「Googleアドセンス」と「Amazonアソシエイト」です。

GoogleやAmazonといった世界的な大企業が提供しているサービスなので、お金のやりとりをしても安心感がありますよね。

広告を貼ればすべて記事で全自動のGoogleアドセンス

ほぼすべてのブロガーが導入しているといっても過言ではないのが、

です。

Googleアドセンスは、あなたがブログに広告枠を設定すれば、その枠に自動的に広告を選んで表示してくれます。

そのため、記事ごとにどの広告を貼ろうか考える必要は一切ありません。最初に一度設定するだけで、あとは新しい記事を書いても自動で広告が挿入されます。

だから手間がかからず、記事を書いていれば勝手にお金が振り込まれます。

ちなみに、このページにもGoogleアドセンスが貼られているのにお気づきでしょうか?

記事の途中とか、サイドメニューの間とか、広告が表示されていると思いますが、これがGoogleアドセンスです。

この広告枠には、それぞれの読者に合わせた広告が表示されます。どんな広告が表示されるかは、ブログの読者が直近で見ていた商品や、ブログの記事の内容に合わせてGoogleの賢いAIが判断します。

だから、このページにもあなたが興味を持ちそうな広告が表示されているはずです。

記事の内容に合わせた商品を選ぶAmazonアソシエイト

ブロガーにとって定番のアフィリエイトが、

です。

あなたがブログにAmazonの商品ページのリンクを貼り、そこから読者が商品を購入すれば、売上の一部(3%〜)を受け取ることができます。

アマゾンは商品の取り扱いの幅がとっても広いため、書籍・家電・日用品などあなたの日記に登場するアイテムはほぼ見つかるはずです。

自分が買ってよかった商品を感想と一緒にリンクしておけば、読者も商品を探す手間が省けますし、あなたも収益が発生する可能性があります。

例えば、ブログの書き方を紹介する記事を書いて「この本がとっても役に立ちました〜」といって、以下のようにリンクを貼ったとします。(※実際に良書で、多くのブロガーがおすすめする定番書籍のひとつ。物語風で読みやすいです。)

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

松尾 茂起
990円(09/23 05:33時点)
発売日: 2016/11/01
Amazonの情報を掲載しています

そして興味を持った読者が、実際にこの本を購入したらお金が入るという仕組み。

ちなみにこのブログのビジネス系知識記事の最後には、上記のようにビジネス書へのリンクを貼っていますが、毎日ポツポツと売れ続けています。

商品を売らない日記なら10PVあたり2〜3円の収益が目安

商品を売らない日記なら10PVあたり2〜3円の収益が目安

さて、ブログで収益をあげるための素晴らしい仕組みは、巨大企業が用意してくれていることがわかりましたよね。

じゃあ実際にどれくらい稼げるものなのか?

というのが次の疑問だと思います。

結論から言うと、日記のように商品を売ることがメインじゃないサイト(広告はアドセンスのみ)では、10回の閲覧あたり2〜3円が目安です。

ブログの収益はページCTRとクリック単価で計算

ブログの収益を考えるためには、

  • ページCTR(ページ・クリック・スルー・レート)
  • クリック単価

という、2つの用語を知っていると理解しやすくなります。

まず「ページCTR」ですが、

  • ブログ記事が1ページ表示された場合の広告がクリックされる確率

のことです。

例えば、あるブログ記事が10回表示された時に、読者が2回広告をクリックした場合は、

  • 2 ÷ 10 = 0.2

つまり、20%ということになります。

実際はこれほど高い数値が出ることはなく、一般的なブログではわずか 0.5〜1% 程度です。

次に「クリック単価」ですが、広告が1回クリックされた場合にあなたが得られる広告費の平均値のこと。

Googleアドセンスの広告枠には様々な広告が表示するため、1クリックあたりの単価はバラバラです。

例えば、ある日の広告クリックが、

  • 1回目のクリック:広告A 50円
  • 2回目のクリック:広告B 25円
  • 3回目のクリック:広告C 45円

だったとすると、

  • クリック単価:(50 + 25 + 45) ÷ 3 = 40円

です。

これらの数字はGoogleアドセンスが自動的に計算して、表示してくれます。

日記ブログもちりも積もれば打ち出の小槌

ここからは先ほどのページCTRとクリック単価を使って、一般的な日記ブログがどれくらい儲かるのかシミュレーションしてみましょう。

ここでは例として、

  • ページCTR:1%(0.01)
  • クリック単価:35円

として計算します。

もし日記を10本書いていて、それぞれ1日に3回読まれるとしたら、

  • 10本 × 3回 × 30日 × 0.01 × 35円 = 315円/月

ということで、毎月315円を継続的に受け取れることになります。

なんだ、全然稼げないじゃないか。」と思う人もいるかもしれませんが、自分の書いた日記が毎月何百円も自動的にお金を生み出すって結構すごいことじゃないでしょうか?

もちろん1つの記事が毎月何万円も稼ぐことは滅多にありませんが、毎月数百円を稼ぐ日記を何十本も書くことは難しいことじゃありません。

ちりも積もれば何とやらで、月に数十円数百円しか稼がない日記も、コツコツと積み重ねていけば毎月大きな収益を生み出す打ち出の小槌のようになります。

1日10回読まれる記事が100本程度あれば月1〜3万円の収益

ではもう少し頑張って、

  • 2日に1本のペースで日記を書く(月に15〜16記事)
  • どの記事も平均して2〜3時間に1回程度誰かに閲覧される(1日10回)
  • 日記ブログを半年程度続ける

としたら、どうなるでしょうか?

計算してみると、

  • 累計の記事数:16記事 × 6ヶ月 = 96記事
  • 月あたりブログ閲覧数:96記事 × 10回 × 30日 = 28,800回

ということで、ざっくり言えば、

  • 100記事書けば毎月30,000回ほどページが閲覧される

というイメージになります。

実際にこのブログも、7ヶ月目に100記事に到達し、約32,000PVを稼いでいます。

記事数ブログ開始から…月間PV数
累計50記事4ヶ月目10,883PV
累計100記事7ヶ月目32,061PV

なので、100記事月間3万ページビューというのは、結構現実的な数字だと思います。

そしてここに先ほどの、

  • ページCTR:1%(0.01)
  • クリック単価:35円

を当てはめてみると、

  • 毎月の日記の収益:30,000回閲覧 × 0.01 × 35円 = 10,500円

ということになります。

副収入としては決して悪くない数字ですよね。

稼げる日記ブログ記事は「読者の問題解決」か「読者の情報収集の手助け」

稼げる日記ブログ記事は「読者の問題解決」か「読者の情報収集の手助け」

ここまでブログで日記を書いたらどれくらい収益があがるのかご紹介しました。

しかし注意しなければいけないことがあります。

それは日記を、

  • 読者の問題を解決するPREP(プレップ)法で書く
  • 読者の情報収集を助けるSDS(エスディーエス)法で書く

のどちらかで書くということ。

慣れないうちは少し面倒ですが、これさえ守れば100記事3万ページビューは一層現実的なものになります。

読者はブログ記事から何かを得たい

「ブログで日記を書く」というと、

  • いつどこで何をした
  • ある出来事が起きて〇〇と思った

という、「自分の記録のための日記」を書いてしまうことがあります。

しかし今回取り上げた「収益を上げる日記」は「他人が読む日記」、つまりあなたじゃない誰かが読んでも何かしらの価値を持っている必要があります。

もしあなたが有名人であれば、あなたの存在自体に価値があるので「自分の記録のための日記」でもお金を生み出します。

これは「有名人型雑記ブログ」と呼ばれるスタイルで、「雑記ブログ」の一種として分類されます。

しかしあなたが有名人じゃない場合は、少し書き方を変える必要があります。

読者はブログから何かしらの価値を得たいので、日記が持つ情報自体に価値を持たせる書き方が必要です。

でも心配は要りません。

簡単な書き方のルールを守るだけで、誰でも価値のある日記を書くことができます。そしてそれが継続的な収益につながります。

読者の問題を解決する記事はPREP法

まず1つ目の書き方は、

  • PREP(プレップ)法

です。

PREP法は、

  1. Point(ポイント):要点・結論
  2. Reason(リーズン):理由・理論
  3. Example(イグザンプル):具体例
  4. Point(ポイント):要点・結論

という順番で内容をまとめる方法です。

この書き方は、読者の問題を解決するという価値を生み出すのに最適です。

もしあなたが書こうとしている日記が、

  • 悩みがあったけど解決した
  • トラブルに巻き込まれたけどどうにかなった

というような内容であれば、PREP法に当てはめてみましょう。

例えば、

  • 〇〇製のパソコンが壊れたけどすぐに修理してもらえた

ということを日記として書く場合、

  1. 要点:〇〇製のパソコンの修理受付は電話窓口 0120-xxx-xxx 番が早くて丁寧
  2. 理由:電話がすぐに繋がるし丁寧に案内してもらえるから
  3. 具体例:パソコン購入から1ヶ月後に液晶画面が故障した。困って検索したら電話窓口の番号がわかった。電話はすぐに繋がって丁寧な対応で迅速に修理してもらえた。
  4. 要点:〇〇製のパソコンは壊れてもすぐに対応してもらえるから安心

といった流れで書くと、誰が読んでも内容がわかりやすい日記になります。

さらに、同じ悩みを持つ人はすぐに問題を解決できるので記事に価値が生まれます。

読者への情報提供記事はSDS法

もう一つの書き方は、

  • SDS(エスディーエス)法

です。

SDS法は、

  1. Summary(サマリー):概要
  2. Details(ディテール):詳細
  3. Summary(サマリー):まとめ

という順番で内容をまとめる方法です。

この書き方は、読者の情報収集を助けるという価値を生み出すのに最適です。

もしあなたが書こうとしている日記が、

  • 映画が面白かった
  • 話題のスイーツが美味しかった
  • 人気スポットに行ってみた

というような、あなたが何か新しい情報や知識を手にれた内容であれば、SDS法に当てはめてみましょう。

例えば、

  • 話題のスイーツをお取り寄せしたら美味しかった

ということを日記として書く場合、

  1. 概要:話題のスイーツは美味しかった。〇〇ネットショップで〇〇円で取り寄せできる。
  2. 詳細:購入したネットショップのアドレスは https://〜。5個入りと10個入りの2種類があって値段は〇〇円。スイーツの味は3種類あって、〇〇が一番美味しかった。実際のスイーツの写真はこんな感じ。
  3. まとめ:話題の〇〇は特に〇〇味がおすすめ。〇〇ショップで5個入り〇〇円で買えます。

といった流れで書くと、読者は情報収集がスムーズにできます。

さらに、この日記を読んだ読者はそのスイーツを購入するべきかどうか判断できるので記事に価値が生まれます。

ただの日記じゃなく誰かの役に立つ日記なら稼げる

ここまでご紹介したように、日常の出来事を日記として書く場合も、

  • 読者の問題を解決する
  • 読者の情報収集を助ける

といった視点で内容を書けば、「他人が読む日記」つまり「収益を上げる日記」となります。

そしてその日記が誰かの役に立てば、

  • 読んだ人がSNSなどで記事をシェアしてくれる
  • 検索結果の上位に表示されるようになる

といったことが期待できます。

そうすればよりたくさんの人に日記が読まれるようになり、結果として収益を上げる日記ブログになります。

日記ブログで収益を得る書き方まとめ

今回は、

  • 日記ブログはGoogleアドセンスやAmazonアフィリエイトで収益を生み出す
  • 100記事30,000ページビューで月1〜3万円ほど稼げる
  • 稼ぐ日記ブログはPREP法かSDS法で書く

ということをお伝えしました。

ブロガーの中には「日記で収益を上げることはできない!」と断言するような人もいます。

しかし、問題は「どう書くか?」だけであって、日記ブログで収益を上げることは可能です。

なので悩んでいる人は、まずはブログを始めてみることが重要

ちなみに無料ブログで始めるのもアリですが、ご紹介した「Googleアドセンス」や「Amazonアソシエイト」の使用が許可されないものがほとんどです。

逆に「Googleアドセンス」や「Amazonアソシエイト」を自由に貼り付けたい場合は、WordPress(ワードプレス)というソフトを使って独自ブログを作ることです。

ブログを作る、と聞いてハードルが高そうに感じる方もいるかもしれませんが、初心者でも10分程度、初期費用1万円程度で始めることができます。

筆者おすすめのサービスを別の記事でまとめているので、ぜひご覧ください。

簡単10分!WordPressブログの作り方:初心者向け解説【2020年版】

だいぞう

2020年11月5日18:00まで、エックスサーバー さんが「ドメイン永久無料&月額料金20%OFFキャンペーン」を行っています。

  • サーバー契約中のドメイン更新料が永久無料
  • 12ヶ月以上の契約で利用料金が20%OFF(月額720円〜)

です。

今なら安く始められますね!