【書評】一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学 – cis 著

「もっとも魅力的なギャンブルは東証というカジノ」と言い切る cis(しす)氏は、230億円の資産を持つ伝説の個人投資家。その半生がどんなものだったのか? そしてどのような哲学を持って生きてきたのか。これまで謎に包まれていたcis氏の人生が、この本によって明らかにされました。

今回はAmazon ビジネス・経済書 売れ筋ランキング(2018年12月24日) から、cis(しす)氏の「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学 」の書評をお送りします。

この本を一言で表すと…

230億円の資産を持つ伝説のトレーダー cis 氏の、驚きのエピソードの数々が綴られた自伝です。

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

cis
1,620円(05/23 16:55時点)
発売日: 2018/12/21
Amazonの情報を掲載しています

具体的には?

20歳までに2000万円稼ぎ出したものの多くの失敗でその2000万円溶かすなど、cis氏の人生も成功ばかりではなかったようです。それらの苦い経験も含めて、cis氏の投資哲学のベースになった考え方が、様々なエピソードで明らかになります。

一押しのエピソードは、

  • 小学生の時に仮想通貨を発行した

というもの。自身で友達の間で仮想通貨を流通させることで、貨幣の流通量が価値を変化さえせることを身をもって学んだそう。cis氏は子供の頃から規格外だったようです。

この他にも「ジェイコム株誤発注事件」の当時の様子や「ライブドアショック」で失敗したこと。最近では、2018年初めにバブルの弾けた「仮想通貨取引」でも儲けたエピソードなど盛りだくさんです。

誰が読むべき?

  • cis氏の日常生活に興味がある人
  • 株などのトレードをしたことがある人

巨大掲示板2ちゃんねるで、個人投資家として圧倒的なカリスマをもつcis氏。しかしメディアにも露出せずに、長年謎に包まれていた人物でした。過去に株式市場で起こった歴史的な事件では、必ずと言っていいほど名前が挙がります。そんなcis氏が気になっていた人には、非常にオススメです。

逆にcis氏のことを知らない人や、聞いたことのない人には「へー。そうなんだー。」程度の内容に感じられるかもしれません。

またトレードのテクニックについて詳しく書かれている本ではありませんが、トップを走る個人トレーダーの持つ哲学は非常に興味深いものがあります。株などのトレードを行った経験が少しでもある人は、かなり楽しめると思います。

書かれていること書かれていないこと

書かれてること
  • cis氏の半生と驚愕のエピソードの数々
  • cis氏の人生や投資に対する哲学
  • cis氏の有名エピソードの裏側
書かれてないこと
  • 読んだ人が株に勝てるようになる方法

前述した通り、cis氏がこれまでの人生をどのように生きてきて、どのように資産を増やしてきたか。またどんな哲学に基づいて行動しているのか。そのようなcis氏の半生が描かれています。

一方で、投資の指南本ではありません。cis氏の投資哲学も、cis氏のこれまでの生き方そのものであり、読んで真似ができるような内容ではないです。もちろんcis氏がどのような考えに基づいて、株を売り買いしているのが書かれていますが、それはcis氏のスタイルであって読者に適用できるかは別の話です。

ともあれ、一人の特殊な人生を歩んできた個人投資家の物語としては、とても興味深い内容です。cis氏の人生の一端を、垣間見てみたい人にはおすすめの一冊です。
本を読む時間がない、という時は
なかなか読書の時間を取れない人には、要約サービスやオーディオブックがおすすめです。

要約サービスのflier(フライヤー)は、1冊の本が10分ほどで読める分量にまとめられているので、ひと駅移動する間に1冊読めちゃいます。さらに要約を音声で読み上げる昨日もあるので、オーディオブックとして使うこともできます。

アマゾンのAudible(オーディブル)や audiobook.jp は、ビジネス書を一冊丸ごと朗読してくれます。クルマでの通勤時間が長い方や、徒歩での移動時間が多い方には、オーディオブックがおすすめです。自分で使ってみた感じでは、話題のビジネス書のラインナップは「flier(フライヤー)」が一番充実しているイメージです。いずれも無料のお試しキャンペーンなどをやっているので、気になる方は確認してみてください。
一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

cis
1,620円(05/23 16:55時点)
発売日: 2018/12/21
Amazonの情報を掲載しています
書籍の目次
  • 第1章 本能に克てねば投資に勝てない
  • 第2章 相場は仮説を生み出した人が勝つ
  • 第3章 勝つための一歩は場と自分を冷静に見ること
  • 第4章 職業・トレード職人
  • 第5章 投資に必要なスキルはゲームで磨いた
  • 第6章 億万長者になれたのは2ちゃんねるのおかげ
  • 第7章 これから株を始めるなら
  • 付記 ギャンブルを制すものは株を制す


タイトル一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学
著者
出版社KADOKAWA
ISBN-13978-4041069691
発売日

(Amazon 登録情報より Reviewed by  3 out of 5