PEST分析のやり方:より深く分析する手順とそのコツ

1980年代に発展した定番の外部環境分析フレームワーク、PEST分析。政治的要因(Political factors)、経済的要因(Economic factors)、社会的要因(Social factors)、技術的要因(Technological factors)の4つの要因から、ビジネス環境への影響を考えます。

どんなフレームワーク?

PEST(ペスト)分析とは、政治的・経済的・社会的・技術的要因の4つから、自分たちのビジネスに影響がありそうな出来事を分析する手法です。

  • 政治的(Political):政治情勢、法律、政策などによる影響
  • 経済的(Economic):景気の良し悪し、金融政策などによる経済への影響
  • 社会的(Social):人口動態、文化、国民のライフスタイルの変化による影響
  • 技術的(Technological):技術や産業の発展による影響

具体例は、こちらも参考にしてみてください。

PEST分析(ぺすと-ぶんせき)

これらの他にもイギリスでメジャーな「PESTLE分析」や、アメリカで2000年代半ばから使われるようになった「SPELIT分析」なども存在しています。

イギリスでメジャーな「PESTLE分析」は、PEST分析に下記の二つの要因を加えたものです。

  • 法的要因(Legal factors):制度や法律などによる影響
  • 環境的要因(Environmental factors):天候や気候の変化による影響

制度や法律の変更の多い業界では、法的要因を政治的要因に含めずに独立させて考えると分析しやすくなります。また天候や気候の変動が、ビジネスに強く影響する業界(例えば農林水産関係)などは、環境的要因も合わせて考える必要があります。

アメリカで使われている「SPELIT分析」は、PEST分析に法的要因と、異文化間要因(Inter-cultural factors)を加えたものです。様々な人種と文化が入り混じる、アメリカならではのフレームワークです。

ヒント

PESTの4つだけでは、分析がうまく出来ないケースが多くあります。その時の状況に応じて、法的要因(L)や環境的要因(E)を加えることをお勧めします。

  • 最近大きな自然災害が起きた → 環境的要因を追加
  • 新技術が普及しそうだけど法整備がまだ → 法的要因を追加

出来ること出来ないこと

PEST分析では、ビジネスの外で起きている出来事をまとめる分析方法です。自分たちだけではどうにも出来ないような変化や、ビジネスそのものを形作っている力を洗い出します。しかし様々な分野に影響が及ぶ出来事も少なくないため、将来を正確に予測することは出来ません。

出来ること
  • マクロ環境を分析する
  • 将来の大まかな方向性を想像する
出来ないこと
  • ミクロ環境を分析する
  • 精度の高い将来の予測をする

世の中で起きている大きな流れに、自分たちのビジネスが流されないように対策を練ることが分析の目的です。

MEMO

世の中には、「法律が壁なら、自分たちが変えてやろう!」というベンチャー企業やビジネスも存在します。そして実際に、法律が新たに作られるようなイノベーションも時々起こります。必ずしも全てがどうにも出来ない、というわけではありません。

PEST分析の手順

PEST分析は一人で行うことも、複数人で行うことも可能です。より深く分析を行う場合は、複数人で2度に分けることをおすすめします。ここでは複数人で2度に分けて、分析を行う手順をご紹介いたします。

  • ステップ1
    大まかなPEST分析(1回目)

    まずは分析するメンバー同士で、何に対するPEST分析なのかを確認します。分析は「〇〇業界」などの一般的な業界を対象としたり、「〇〇事業」など自社の事業の範囲を対象とすることが多いかと思います。他にも取引先や顧客を、分析対象とすることもあります。

    ホワイトボードや模造紙にPESTの4つの枠を作って、思いつくままに付箋を貼ってみましょう。付箋は「事実(裏付けあり)」と「意見や発想(裏付けなし)」で色を変えておくと、分析がしやすくなります。

  • ステップ2
    各自持ち帰って調査

    上がってきた要因は、メンバーで手分けして調査をします。

    • どのような経緯があったのか
    • その出来事はどれくらいの確実なのか
    • 情報源は確かなものなのか
    • 統計データは存在していないか
    • アンケート結果などは存在していないか

    これらのことを行って、情報をより詳細なものにしていきます。

  • ステップ3
    詳細なPEST分析(2回目)

    調査の結果を持ち寄って、前回の分析結果をより深いものにしましょう。はじめに思っていたより影響が大きかったり、逆に影響が小さく予想されるかもしれません。

    別のホワイトボードか模造紙を用意して、影響の大きさに応じて付箋を張り替えてみましょう。

    影響の大きい要因を中心に、議論を進めてみましょう。最後に議論の要点を、分析結果としてまとめましょう。

副作用とその対応策

このフレームワークの副作用は、

  • 全ての要因を埋めたくなってしまい無駄に時間を消費する
  • 情報が集まれば集まるほど「確実に起きる」と錯覚してしまう

などです。

他のフレームワークでも言えることですが、枠があるからといって無理に埋める必要はありません。逆に枠がないからといって、書いてはダメということでもありません。フレームワークの枠にとらわれすぎないように気をつけましょう。

また1回目のPEST分析で挙がった項目を調査する際に、調べれば調べるほど「確かな情報だ」「そうに違いない」と思い込んでしまうことがあります。すでに起こっていることでも「事実」が異なる可能性はゼロではありません。ましてや将来に起こることは、確定ではないことを意識しておきましょう。