クロスSWOT分析のやり方:4タイプの戦略立案とその手順

1982年にハインツ・ワイリック教授の論文で発表された、SWOT分析の応用「クロスSWOT分析」。TOWS分析とも呼ばれ、「SO戦略」「ST戦略」「WO戦略」「WT戦略」の4種類の戦略を生み出すことができます。SWOT分析を行う流れで、クロスSWOT分析も一緒に行います。

どんなフレームワーク?

クロスSWOT分析とは、「TOWSマトリクス」と呼ばれる4つに区切られた要素から、4種類の戦略オプションを生み出す分析方法です。

SWOT分析の結果を使うので、まずはSWOT分析を行います。SWOT分析のやり方については、下記の記事を参考にしてください。

SWOT分析のやり方:効果的な場面とその手順

SWOT分析の強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)の4つの要素を組み合わせて、4つの戦略を生み出します。

  • SO戦略 = 強み × 機会 → 強みでチャンスをつかみ取る戦略
  • WO戦略 = 弱み × 機会 → チャンスで弱みをカバーする戦略
  • ST戦略 = 強み × 脅威 → 強みを活かしてリスクを乗り切る戦略
  • WT戦略 = 弱み × 脅威 → リスクに対する弱みの影響を最小限にする戦略

図で表すと、以下のようになります。

これらの4つの戦略は、特定の局面を乗り切るための短期的な戦略です。そしてその局面を乗り切った先には、「目標の達成」が必ずあります。

もし選んだ戦略の先に、目標の達成が無ければ選択肢が間違っているのかもしれません。クロスSWOT分析はあくまで、目標を達成するための策を練るためのフレームワークになります。

具体例はこちらも参考にしてみてください。

クロスSWOT分析(くろす-すうぉっと-ぶんせき)

出来ること出来ないこと

クロスSWOT分析は、SWOT分析と一緒に行うことが多いため、「出来ること」「出来ないこと」は同じです。

出来ること
  • 複数人で分析すること
  • 目標を達成する可能性を高めること
  • 経営資源の配分を外部環境の変化にマッチさせること
  • 短期的な対応策を考えること
出来ないこと
  • ひとりで分析すること
  • 目的(ゴール)や目標そのものを見直すこと
  • 中長期的な戦略を考えること

SWOT分析で確認した目的(ゴール)や目標をイメージした状態で、クロスSWOT分析を行いましょう。

クロスSWOT分析の手順

クロスSWOT分析は、SWOT分析のステップ4「発想から行動を決める」をより深める方法です。まずはSWOT分析のステップ1〜3を行ってください。

SWOT分析のやり方:効果的な場面とその手順

ステップ4から下記の手順を行います。

  • ステップ4-1
    SWOTマトリクスの内容を整理する

    SWOTマトリクスから、不確かな情報や目標との関連性が低い情報を取り除きましょう。SWOTマトリクスの内容を整理することで、 クロスSWOT分析がやりやすくなります。

  • ステップ4-2
    TOWSマトリクスにわかりやすく書き写す

    SWOTマトリクスの内容が整理できたら、TOWSマトリクスに付箋を張り替えましょう。もし時間に余裕があれば、よりシンプルにわかりやすく書き換えてみてください。

  • ステップ4-3
    4つの戦略を洗い出す

    TOWSマトリクスを眺めながら、それぞれの戦略を具体的に考えてみましょう。少し大きめの付箋に書いて、模造紙やホワイトボードに貼り付けていきます。貼り付けられたアイデアが、目標を達成することにつながるのか考えてみましょう。

  • ステップ4-4
    戦略を決める

    戦略の選択肢がある程度挙がったら、その中から一番有効なものはどれなのか話し合いましょう。その中から、目標の達成に一番有効な戦略を選んでください。

    ヒント

    戦略を選ぶときは個人の好みで選ぶと、揉める原因になります。迷ったときは、会社の理念や将来のビジョン、行動指針などを参考にして、一番「その会社らしい」戦略を選びましょう。

ここからは、SWOT分析のステップ5に続きます。戦略を実行する担当者と期限を決めましょう。

副作用とその対応策

このフレームワークの副作用は、

  • 組み合わせに夢中になって目的(ゴール)や目標を忘れやすい
  • どれか1つの戦略に絞らなければならないと思い込んでしまう
  • 「何もしない」という選択肢が忘れられやすい

などが挙げられます。

クロスSWOT分析をやっていると、目標と関連性が低いものの「良さそう」で「上手くいきそう」な戦略が見つかることがあります。でもSWOT分析やクロスSWOT分析は、そもそも特定の目標を達成するためにやっていることを忘れてはいけません。それぞれの戦略で、いかに目標を達成するのかを考えるようにしましょう。

複数の戦略は、必ずしも1つに絞る必要はありません。「プランA」「プランB」のような形で、状況に応じて使い分けることもできます。あるいは複数の戦略を、1つの方法で同時に実行できるかもしれません。

また「何もしない(現状維持)」という選択肢があることも忘れないようにしましょう。下手に動くより、ライバルの出方をうかがって行動することもできます。戦略を考えたんだから1つを選ばなければならない、なんてことはありません。