戦略とは?戦略を構成する4つの要素と具体例

「戦略」って難しそうだけど、実はみんな毎日意識することなく行ってるものなんです。例えば「今日の晩ごはん、どうしようかなぁ。」って。そう、それも戦略です。

戦略とは

そもそも戦略って何のために必要なんでしょうか? 簡単に言えば、何かしらの目的を達成したいからですよね。でも、達成するために色々と制限が存在してる。だから、少し頭をひねらなきゃならない。それが戦略です。

「いやいや、晩ごはんを考えることは戦略じゃないだろ。」って? それでは、戦略について一緒に紐解いて行きましょう。

戦略の定義

まずは「戦略」を定義してみましょう。戦略を一言でいうと…

限られた資源で目的を達成しようとすること。

です。

辞書やビジネス書では色々と定義されてますが、世の中で統一されている唯一の定義というものは存在しません。だけど、だいたいどれも似たような事が書かれてます。それが前述の定義になります。

もうちょっとビジネス向けに言い直してみましょうか。

限られた経営資源を効率的に活用し、事業の目的を達成しようとすること。

どうでしょう? ちゃんと経営戦略っぽいですよね。

先ほどの晩ごはんの話に当てはめると、

自分の体調とお財布の中身と相談して、翌日も元気に生活できる状態を作ること。

となります。

状況は日によって変わります。

  • お腹がペコペコの日、食欲のない日
  • お財布にしっかりお金が入っている日、財布の中が寂しい日
  • 自分だけ食べればいい日、家族の食事も作らなきゃいけない日

…などなど。いろんな状況があります。それらを踏まえた上で、明日も元気に過ごせるようするための作戦と行動。それが戦略なんです。

戦略を生み出す4つの要素

戦略は4つの要素から生み出されます。

  • 戦略的意図
  • 経営資源
  • 環境変化
  • 戦略の目的

わかりやすく言い直すと、

  • 自分のポリシー
  • 使えるもの
  • いまの状態
  • どうなりたいか

です。

先ほどの晩ごはんで例えると、

  • 自分のポリシー
    • 出来るだけ野菜を食べる
    • 出費を抑える
  • 使えるもの
    • 財布
    • 自転車、電車
    • 自宅の調理器具
  • いまの状態
    • お腹がペコペコ
    • 仕事終わりでクタクタ
    • ここのところ食べ過ぎてる
    • 家族の食事は気にしなくていい
  •  どうなりたいか
    • 万全の体調で明日も仕事をする

こんな感じでしょうか。

ビジネスで考えれば、

  • 戦略的意図:経営者の価値観、ビジョン、行動指針…など
  • 経営資源:ヒト・モノ・カネ・情報
  • 環境変化:社内状況、市場の変化、競合他社の動向…など
  • 戦略の目的:売上、市場シェア、ポジショニング…など

となります。

これらを元に、戦略を考えて実行します。

戦略とその実行

ここからが一番楽しいところ。戦略を考えて、実行に移します。グズグズしてたらお腹が空いちゃいますしね。

ということで「晩ごはん戦略」を決めましょう。戦略は…

  • 会社帰りに駅前のスーパーで、おにぎり2つと、鶏のササミ、大きめのサラダを買って帰る。

と、しましょう。

これなら「出来るだけ野菜を食べる」や「出費を抑える」というポリシーを満たしながら、そこそこ満腹感が得られる上に、調理も必要なくて簡単。連日食べ過ぎていても、そんなに負担にならなさそうですね。

…と、ビックリするほど当たり前です。でも、ちゃんと戦略の要件は満たしてるので、これも立派な戦略です。これを実行しらた戦略が終わり…

ではありません!

実行の結果を踏まえて、次回の戦略を修正することで、より精度を高めることができます。

  • おにぎり2つじゃ足りなかった。次は豆腐か納豆も一緒に買って帰ろう。
  • 2Lのペットボトルの水を一緒に買ったけど重過ぎた。疲れてる日はやめておこう。

などなど。こうやって、次の戦略はより良いものになっていきます。ビジネスだとPDCAや創発的戦略と呼んだりします。

この一連の流れを、あなたのビジネスでやることが経営の戦略なのです。