戦略を生み出すための3つの手順

たった3つの手順を踏むだけで、誰でもすぐに戦略を生み出すことができます。だって晩ごはんを考えることだって戦略なんですから。だから、まずはシンプルに、早速始めましょう。

戦略を生み出すまでの流れ

まずは戦略を生み出すまでの流れを確認してみましょう。

  1. 状況を整理する
  2. 目的を確認する
  3. すべてを組み合わせる

この3つで、戦略の基本的な骨組みは出来上がります。ここからは例を挙げながら、手順を一つずつ見ていきましょう。

ステップ1:状況を整理する

まずは、自分たちが置かれている状況を整理しましょう。状況を整理するためには、戦略を生み出す4つの要素の中の、3つを確認します。

  • 戦略的意図
  • 経営資源
  • 環境変化

戦略的意図

戦略的意図とは、その経営の理念・ビジョン・価値観など、戦略を進める上での判断に大きく影響するものです。下記のようなものが、戦略的意図に該当します。

  • 事業を始めたそもそもの理由
    • 例)〇〇でみんなの生活を豊かにしたい
    • 例)〇〇で困っている人を笑顔にしたい
  • 業界で将来的に目指す立ち位置
    • 例)〇〇で業界一を誇るプロフェッショナル集団になる
    • 例)〇〇から〇〇まで一貫して提供できる企業になる
  •  ビジネスにおいての価値観
    • 例)自社の利益を削ってもお客様や取引先を大切にする
    • 例)お客様や取引先より従業員の幸せを第一に考える

これらが明確になっていれば、戦略全体に一貫性が生まれ、限られた経営資源も無駄なく活用することに繋がります。

また、戦略的意図を仲間たちと共有しておくことで、戦略の遂行がスムーズになります。

NOTE
戦略的意図(Strategic Intent)とは、ゲイリー・ハメル教授とC. K. プラハラード教授によって提唱された概念です。

経営資源

下記のものが主な経営資源になります。

  • ヒト:自社、取引先などの人材
  • モノ:事務所、工場などの施設や設備
  • カネ:現金や現金化しやすい金融資産
  • 情報:蓄積されたデータやノウハウ、特別な情報源など

これらは、戦略の選択肢の幅を決定します。また、経営資源は限りがあるため、作戦にトレードオフが発生します。トレードオフとは、

  • 新しい設備の導入費用を捻出するためにパートさんを減らす
  • 新規の営業開拓を減らして既存顧客のルート営業を強化する
  • ネットショップの運営のために実店舗スタッフから一人引き抜く

などのような「AをするためにBをあきらめる」という関係性です。

経営資源を把握していないと、戦略を組み立てたけど実行出来ないということになりかねません。

環境変化

環境変化は、大きく分けると社内と社外の2つになります。

  • 社内で起こっている変化
    • 例)案件の成約率が前年より下がっている
    • 例)人件費が業界平均より高くなっている
  • 社外で起こっている変化
    • 例)競合他社大手が地域に進出してきた
    • 例)新しい技術が急速に普及し始めた

これらの環境変化が、問題を起こしていたり、ビジネスの妨げになっていたり、あるいは大きなビジネスチャンスになったりします。

ステップ2:目的を確認する

次に、何を戦略の目的(ゴール)とするか確認しましょう。戦略を生み出す4つの要素の中の、「戦略の目的」に該当します。目的とは「この辺りまで到達できたら戦略は成功」という基準になります。

目的を明確にすれば、達成できたのか達成できなかったのか判断できます。

  • 例)月商300万円を達成する
  • 例)市場シェア30%を達成する
  • 例)顧客アンケートでの満足度を90%以上に高める

などなど、わかりやすいもので構いません。ここは悩みすぎず、とりあえず決めてしまいましょう。

次のステップでしっくり来なければ、ステップ1や2に戻って考え直せば大丈夫です。また、戦略を実行してみて初めて、もっと適切な目的がわかったりするものです。

戦略は目的も含めて、絶えず修正していくことが前提なので、ここでの目的が間違っていても問題ありません。

ステップ3:すべてを組み合わせる

最後に、ステップ1と2で洗い出した戦略を生み出す4つの要素を、全て組み合わせて「戦略」を作り上げましょう。

このすべてを組み合わせる作業では、3つのコツがあります。

  1. 戦略の目的が戦略的意図を満たせるかどうか確認する
  2. 戦略の目的が環境変化への対応になっているかどうか確認する
  3. 経営資源の組み合わせで「やること」を決めると同時に「やらないこと(できないこと)」を決める

ここではあえて具体例を挙げませんが、ビジネスや経済のニュースを見ながら、気になる企業の話題に3つのステップを当てはめてみてください。あるいは、競合他社の動きをみながら考えてみてください。

  • あの企業は何を目指しているのか?(戦略的意図)
  • どのような変化に対応しようとしているのか?(環境変化)
  • 行動の裏にはどんな目的があるのか?(戦略の目的)
  • その行動を実行するにはどのような経営資源が必要か?(経営資源)

この4つの要素に整合性がなければ、あまり上手くいかない戦略かもしれません。逆に、すぐに腹落ちする内容であれば、上手くいく可能性の高い戦略かもしれません。

まずは荒削りでも大丈夫。試行錯誤しながらでも、あなた自身で戦略を組み立ててみましょう。そして、その戦略を実行してみてください。実行することが、戦略のスタート地点です。