戦略実行の3つのルールとうまく進めるコツ

戦略を生み出すことは、そんなに難しくはありません。逆に一番難しいのは、考え出した戦略を実行することなんです。

戦略を実行する3つのルール

以前の記事でお伝えしたように、3つの手順を踏めば誰でも戦略を生み出すことはできます。状況を整理して、目的を確認し、すべてを組み合わせる。これで戦略は生まれます。

戦略を生み出すための3つの手順

でも難しいのは、ここからです。戦略を考えただけでは、絵に描いた餅。実行されない戦略は、存在していないことと変わりません。

だから実行してみましょう! 戦略に自信がなくても大丈夫。戦略は修正されながら、どんどん改善されていくものなんです。戦略の実行は、戦略を改善するための第一歩。次に挙げる3つのルールで、実行に移しましょう。

  1. 責任者を決める
  2. 実施期間を決める
  3. 結果報告の日を決める

この3つのルールは当たり前のようで、なかなかできないことでもあります。ありがちなのは、リーダーがチームに丸投げしてしまうこと。

「よし!みんな戦略の内容はわかったな!では次回の会議で報告するように!以上っ!」

そして次回の会議で聞いてみると、戦略がまったく進んでいなかったりします。このようなことを避けるために、3つのルールを実践してみましょう。

責任者を決める

まずやることが決まったら、すぐに戦略実行の責任者を決めちゃいましょう。

会社全体の戦略なら経営者、部門での戦略であれば部門長といった具合に「いちばん権限を持っている人」が責任者になります。理由は、経営資源を動かす必要があるからです。

責任者は、

  • 必要な時に必要なだけヒト・モノ・カネ・情報を動かす
  • ヒト・モノ・カネ・情報を動かした結果に責任を持つ

ことが役割です。

逆にいえば、権限がない人を戦略実行の責任者にしても、戦略をスムーズに実行できません。成果のために、権限がある人を責任者にしましょう。

実施期間を決める

責任者が決まれば、次はいつからいつまでその戦略を実施するのか考えましょう。

戦略を作る段階で、具体的な目的(ゴール)や目標が決まっているはずなので、

  • 戦略の実行開始日
  • 戦略目標の達成予想日

を決定します。

日にちの決め方は、過去の出来事を参考に考えてみましょう。もし初めての挑戦なら、適当に決めても構いません。重要なのは「日にちを決めた」という事実です。後から戦略を振り返る時に使います。

また、戦略目標の達成予想日を決めることで、戦略に関わる全員がやるべきことを逆算できるようになります。その予定日に向けて、各自が自発的に行動する助けになるでしょう。

結果報告の日を決める

最後は結果報告の日を決めます。戦略目標の達成予定日に目標が達成されてもされなくても、チームで集まりましょう。

もし戦略の結果報告をしなければ、成果があったのかなかったのか、仮説はどの程度合っていたのか間違っていたのかわかりません。

結果報告の会議では、

  • 戦略を実行した結果
  • 戦略目標の達成状況

などを確認します。

戦略がうまくいってもうまくいかなくても、たくさんの気づきや反省点があるはずです。それらを元に、戦略をより良いものに改善しましょう。

うまく進めるコツ

まず1つ目は、

  • 関係者には戦略の重要性を十分理解してもらう

ことです。

目的や意義がわからないままやらされることほど、やる気の出ないことはありません。戦略の実行に関わる人それぞれが、どのように目標達成に貢献できるかイメージできる状況を作りましょう。

また戦略に新たな視点が加わることで、実行後のより良い改善につながります。

2つ目は、

  • 戦略目標の達成予想日はあまり先にならないようにする

ことです。

目標の達成時期があまりにも先になりすぎると、戦略が良かったのか悪かったのか判断するのが難しくなります。それに時間が経てば状況も変わるので、目標の先にある目的(ゴール)そのものが変わってしまうかもしれません。

もし目標達成がずっと先になりそうな時には、目標をさらに細かく分けてみましょう。

目的(ゴール)と目標の違いについては、下記の記事も参考にしてください。

目的(ゴール)と目標を使い分ける3つのポイント