規模の経済(きぼ-の-けいざい)

要するに…

規模の経済とは、製品をたくさん生産すればするほど、製品1つあたりの平均費用が下がる状況のことです。反対の状況は「規模の不経済」と呼ばれます。

規模の経済のグラフ

規模の経済(Economies of scale)はミクロ経済学の考え方で、製品の生産量の増えれば増えるほど、製品1つあたりの平均費用が下がる状態のことです。下の図は、生産量が Q1 から Q2 に増えることで、1個あたりの平均費用が C1 から C2 に減っています。

しかしある生産量を超えると、余分な費用がかかるなどで平均費用が高くなることがあります。上のグラフでは生産量を Q2 から Q3 に増やした場合、平均費用が C2 から C3 に増加しています。これを「規模の不経済」と言います。

  • 生産量を2倍にしたのに費用は2倍にならない → 規模の経済
  • 生産量を2倍にしたら費用が2倍以上かかった → 規模の不経済

とも言えます。

平均費用が減る理由

作れば作るほど平均費用が減るのは、製品1つあたりの固定費がどんどん下がるからです。

費用は「変動費」と「固定費」で構成されています。

  • 変動費:原材料費、光熱費など生産すればするほど増える費用です。
  • 固定費:土地、機械、設備など生産してもしなくても発生する費用です。

変動費と固定費を足すと総費用になります。

  • 変動費 + 固定費 = 総費用

そして総費用を生産した個数で割れば、製品1つあたりの平均費用になります。

  • 総費用 ÷ 生産量 = 平均費用

例えば、お菓子を生産するとします。

  • お菓子を生産する機械:1台 100万円 → 固定費
  • お菓子の材料費:1個あたり10円 → 変動費

お菓子を1個しか生産しない場合の平均費用は下記のとおり。

  • 変動費 10円 + 固定費 1,000,000円 = 総費用 1,000,010円
  • 総費用 1,000,010円 ÷ 生産量 1個 = 平均費用 1,000,010円

この場合のお菓子1個あたりの平均費用は 1,000,010円 です。1個100万10円以上で売らなければ赤字になってしまいます。

次にお菓子を1ヶ月で1万個生産したとします。1万個作る場合の変動費は、10円 × 10,000個 = 100,000円になります。

  • 変動費 100,000円 + 固定費 1,000,000円 = 総費用 1,100,000円
  • 総費用 1,100,000円 ÷ 生産量 10,000個 = 平均費用 110円

この場合、1個だと100万円を超えた平均費用が 110円まで下がりました。誰でも買えそうな値段です。

さらに生産量を上げて、お菓子を10万個生産したとします。10万個作る場合の変動費は、10円 × 100,000個 = 1,000,000円になります。

  • 変動費 1,000,000円 + 固定費 1,000,000円 = 総費用 2,000,000円
  • 総費用 2,000,000円 ÷ 生産量 100,000個 = 平均費用 20円

1個あたりの平均費用が 110円から 20円に下がりました。安売りしてもちゃんと利益が出せそうです。これは「規模の経済」が効いていると言えそうですね。

しかしたくさん生産すると機械が故障したり、部品を交換したりしなければなりません。そのため永遠に生産量は下がり続けるわけではなく、あるところから1個あたりの平均費用が上がる場合があることに注意してください。

範囲の経済や経験曲線効果との違い

似ている経済用語として「範囲の経済」があります。範囲の経済は、複数の事業を別々の企業がやるより、1つの企業でまとめてやる方が効率的にできるという考え方です。

もう一つ混同されやすい用語として「経験曲線効果」というものがあります。経験曲線効果は、同じものを作れば作るほど経験値が蓄積され、生産効率が改善する効果のことです。規模の経済は「固定費」が関係していましたが、経験曲線効果では関係ありません。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

規模の経済・範囲の経済・経験曲線効果の違いを図解すると一目瞭然