アルダファーのERG理論(あるだふぁー-の-いー-あーる-じー-りろん)

要するに…

アルダファーのERG理論とは、存在・関係性・成長の3つの要求で構成されているモチベーション理論のことです。マズローの欲求5段階説がベースになっています。

ERG理論の三大欲求

1972年に、クレイトン・アルダファー(Clayton Alderfer)著「Existence, Relatedness, and Growth; Human Needs in Organizational Settings(存在、関係性、そして成長;組織環境における人間の欲求)」によって発表されたモチベーション理論が「アルダファーのERG理論(Alderfer’s ERG Theory)」です。

ERG理論で挙げられる3つの欲求は、

  • Exstence(存在):存在の欲求
  • Relatedness(関係性):人間関係の欲求
  • Growth(成長):成長の欲求

です。それぞれの英単語の頭文字を取って「ERG理論」と呼ばれています。

存在欲求

存在欲求(Exstence)は、人間として存在するための低次欲求と言われています。マズローの欲求段階では「生理的欲求(Physiological)」や物理的な「安全欲求(Safety)」に相当します。

人間関係の欲求

人間関係の欲求(Relatedness)は、他者との人間関係を持ち続けたいという欲求です。社会的に他者との相互的なやり取りを通じて、欲求を満たすことができると言われています。マズローの欲求段階では、対人的な「安全欲求(Safety)」や「所属と愛の欲求(Belongingness and Love)」、対人的な「尊重欲求(Esteem)」がに相当します。

成長欲求

成長欲求(Growth)は、人間に本来備わっている成長を続けたいという高次欲求です。マズローの欲求段階では自己確認としての「尊重欲求(Esteem)」や「自己実現欲求(Self-actualization)」に相当しています。

マズローの欲求段階との違い

マズローの欲求段階を発展させた理論なので共通する部分が多いですが、以下の2点において異なります。

  • 同時存在性:低次〜高次欲求は同時に存在しうる
  • 可逆性:高次欲求が満たしにくい場合には低次欲求を更に満たそうとする

アルダファーは、高次の欲求が満たされない場合は、低次の欲求を更なる努力によって満たそうとすると考えました。例えば、成長欲求がうまく満たすことができない場合は、人間関係の欲求をより満たそうと努力します。

例えば職場で成長の機会が与えられない(成長欲求が満たされない)ために、上司や仲間との人間関係を良くしようとする(人間関係の欲求を満たそうとする)などが、ERG理論で説明することができます。

マズローの5段階欲求説については、こちらの記事をご覧ください。

マズローの欲求5段階説