ロジックツリーとは?MECEを使った問題解決フレームワーク

ロジックツリー

ロジックツリーとは、

  • 問題の解決策を洗い出すためのフレームワーク

です。

一般的には下図のように、左側に大まかな「解決案」が設定され、右側に具体的な「選択肢」が枝分かれする形状になります。

ロジックツリー

このロジックツリーは、ピラミッドストラクチャー(ピラミッド構造)問題解決のために応用したもので、違いは形状とその用途になります。

ミントのピラミッドとロジックツリー

ここでは、ロジックツリーについてわかりやすく解説したいと思います。

ロジックツリーとは?

冒頭でもお話ししたように、ロジックツリー(論理木)とは、

  • 問題の解決策を洗い出すためのフレームワーク

です。

先頭(左側)に大まかな解決案を置いて、右に向かって枝分かれするように選択肢を掘り下げていきます。

ロジックツリーの縦と横

その際に枝分かれすればするほど

  • より具体的な案
  • より幅の広い選択肢

を得ることができます。

つまり、ロジックツリーを十分に掘り下げることができれば、

  • 具体的で実行に移しやすい選択肢が見つかる
  • 1つがうまくいかなくても第二第三の施策を打てる

というメリットがあります。

しかしこのメリットを得るためには、事前に十分な原因の絞り込みを行なっている必要があります。

悪い例:原因の絞り込み不足

ということで、まずロジックツリーの悪い例から見ていきましょう。

ロジックツリーの悪い例

一見、何の問題もないように思えます。

他の解説サイトや教科書などにも、上図のように例が書かれているはずです。

しかし会社などの現場で使ってみるとわかるのですが、ロジックツリーの先頭が「売上を伸ばす」などの大雑把な解決案の設定では、掘り下げても分析結果が使い物になりません。

先ほどの図では、

  • 売上を伸ばす

という解決策から3段階掘り下げて、

  • 認知度を高める
  • ターゲットを広げる

という選択肢を得ることができました。

しかしこの「認知度を高める」という選択肢をそのままプレゼンテーションしてしまうと、

  • 「それで、具体的には?」

と上司や経営者に返されるのがオチです。

なぜこのようなことになったかというと、

  • 問題の原因の絞り込みが不十分

だからです。

本来はロジックツリーを作る前に、

  • 売上が減ったのはなぜか? → 客単価は十分だが来客数が減ったため
  • 来客数が減ったのはなぜか? → 既存客は今まで通りだが新規客が減ったため
  • 必要な解決案は新規客を増やす施策だ!

というように、因果関係を探りながら的を絞る必要があります。

良い例:原因特定が選択肢の質につながる

もし事前の原因の絞り込みがある程度できていて、

  • 新規客が減っていることが売上減少の原因

というように当たりがついていれば、ロジックツリーの分析結果も大きく変わります。

ロジックツリーの良い例

ある程度原因の絞り込みができていれば、ロジックツリーの先頭も、

  • 新規顧客を増やす

などの、具体的な解決案からスタートできます。

ここから3段階掘り下げてみると、

  • 広告の頻度を高める
  • 広告の媒体を広げる

などの、具体的な選択肢を選ぶことができるようになりました。

これなら社内会議でも、

  • 認知度の向上で売上減少に歯止めをかけることができる可能性がある
  • 広告の露出頻度と出稿先の媒体を増やすために一部予算を追加広告費に充てたい

などと具体的に提案することができます。

このように、ロジックツリーの役割は、より具体的で意味のある選択肢を見つけることであり、よくありがちな分析例のようにならないように気をつけなければなりません。

ロジックツリーとピラミッドストラクチャーの違い

冒頭でもご紹介したように、混同されやすい「ピラミッドストラクチャー(ピラミッド構造)」は情報を整理するための汎用的なフレームワークです。

一方でロジックツリーは、ピラミッドストラクチャーの用途を「問題解決の選択肢を見つける」ことに限定したもので、ピラミッドストラクチャーを横倒しにしたような見た目が特徴です。

ミントのピラミッドとロジックツリー

違いをまとめると、下記のようになります。

ピラミッド構造ロジックツリー
汎用的な情報整理に使う解決策の選択肢を列挙する
上から下に伸びる左から右に伸びる

これらの違いについては、自分だけしか見ない図であれば、あまり区別する必要はないと思います。

しかしプレゼンテーションなどの発表の場では、

  • ロジックツリー = 左側が選択肢

というイメージの人もいるので、情報をスムーズに伝えたいのであれば区別することをお勧めします。

ロジックツリーの下準備と手順

ここまではピラミッドストラクチャーとの違いと、事前の原因の絞り込みが大切だ、ということをお伝えしました。

ということでここからは、ロジックツリーを使うまでの下準備として、

  1. 問題を見つける
  2. 原因を見つける

方法について、簡単に説明したいと思います。

問題を見つける

問題解決で最も大切なことは、問題が何であるか理解することです。

「そんなこと当たり前…」と思われるかもしれませんが、意外と深く考えずに問題じゃないことを問題と決めつけてしまうこともよくあります。

問題」とは、

  • 起こるはずだった望ましい結果
  • いま起こっている望ましくない結果

の埋めなければならない「ギャップ(差)」のことです。

まずこのギャップを把握するためには、

  • 現在の状況:結果までに起こった出来事や前提条件
  • 望ましい結果:起こることが望まれていた出来事
  • 望ましくない結果:いま起こっている出来事
  • 懸念事項:望ましくない結果の影響

の4つを挙げてみてください。

もし「望ましい結果」と「望ましくない結果」に差がほとんどなかったり、「懸念事項」が特に存在していないようであれば、それはもしかしたら「問題」ではないかもしれません。

ちょっと面倒かもしれませんが、ロジックツリーを作る前に、上記の4つの項目を簡単に書き出してみてください。

原因を見つける

次に原因を特定して、ある程度絞り込みましょう。

絞り込むことの重要性については、前半で説明した通りです。この絞り込みができるか出来ないかで、ロジックツリーで挙げる解決策の選択肢の質が変わることになります。

この原因の特定の方法として最も基礎的なのは、

  • 因果関係を掘り下げる

ことです。

因果関係とは、

  • ある出来事が別の出来事を直接的に引き起こす関係

です。

先ほど確認した「問題」から、出来事の因果関係を辿っていくと、根本的な原因にたどり着くことができます。

この原因と結果をたどる作業は、ロジックツリーの元になったピラミッドストラクチャーを使うと簡単かもしれません。

ピラミッドストラクチャーには、

という形式があります。

Whyのピラミッドストラクチャー

このWhyのピラミッドは因果関係のピラミッドでもあり、原因を掘り下げるのに最適です。

起こっている問題をピラミッドの頂点に置いて、「なぜ?」という質問を数回繰り返すことで、本当の原因にたどり着きやすくなります。

この「なぜ?」の繰り返しで原因を探る方法を、「なぜなぜ分析」と呼んだりもします。

参考 なぜなぜ分析ウィキペディア

この他にも「連関図法」や「特定要因図」など、出来事の原因を探るための手法は様々存在しています。

参考 検索結果 - 連関図法Google検索 参考 特性要因図ウィキペディア
補足

原因を特定するための、

  • 原因追求ツリー(Whyツリー)

というものが存在しているようです。

しかし、因果関係の掘り下げはピラミッドストラクチャーで出来るので、無理やりロジックツリーを使う必要はありません。他にも先ほど紹介した「連関図法」や「特定要因図」などもありますし、原因の特定にはやりやすいものを選んでください。

これに関連して「問題解決ツリー(Howツリー)」や「要素分解ツリー(Whatツリー)」なども存在しているようですが、これらもピラミッドストラクチャーで出来るので、覚える必要はありません。

ロジックツリーとMECEで広げる選択肢

ここからは解決策の選択肢を、より効率的に広げる方法を説明します。

ここでのキーワードは「MECE(ミーシー)」です。

MECEとは、

  • モレなく
  • ダブりなく

という、情報の状態を表す言葉です。

ロジックツリーの元になっているピラミッドストラクチャーでは、ピラミッド構造を作るためのコツとして「MECE(ミーシー)」が推奨されています。

同様にロジックツリーでも、MECEは重要な考え方になります。

ロジックツリーのMECE

MECEの切り口としては、

  1. 因果関係:同じ結果をもたらす複数の原因を探す
  2. 類似性:共通の特徴を見つけてグループ化する
  3. 二項対立:互いに反する概念で2つに分ける
  4. 分割:全体を境界線で3つ以上に分割する
  5. 尺度:直線上に並んでいるものを任意の点で区切る
  6. プロセス:物事が起きる一連の流れを見つける
  7. 因数分解:出来事を掛け算の数式に変換する

の7つが存在しています。

この中でも特に最初の「因果関係」を除く6つを使えば、解決策の選択肢を効率的に広げることができます。(因果関係の切り口は、Whyのピラミッドと合わせて原因特定に使います。)

おすすめの書籍

ここまでご紹介した内容は、ミント氏の著書「考える技術・書く技術」の内容をベースに、筆者がアレンジを加えています。

ロジックツリーについては、第9章「問題分析を構造化する」に登場します。

ロジカルシンキングの基礎についてより詳しく学びたい方には、こちらの書籍をおすすめします。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

バーバラ ミント
3,080円(12/13 02:08時点)
発売日: 1999/03/01
Amazonの情報を掲載しています

また、この「新版 考える技術・書く技術」と併せて、入門書や練習問題をまとめた書籍も販売されています。

社会人として「情報を整理して伝える」という基本的な技術を身につけるために最適な本なので、ぜひ書店で見つけたら手にとってみてください。

入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法

入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法

山崎 康司
1,650円(12/13 16:07時点)
発売日: 2011/04/08
Amazonの情報を掲載しています
考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉

考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉

バーバラ ミント
1,760円(12/13 14:12時点)
発売日: 2006/01/01
Amazonの情報を掲載しています
考える技術・書く技術 ワークブック〈下〉

考える技術・書く技術 ワークブック〈下〉

バーバラ ミント
1,760円(12/13 02:08時点)
発売日: 2006/01/01
Amazonの情報を掲載しています