ロジカルシンキングとは?クリティカルシンキングとの違いとフレームワーク

ロジカルシンキング

ロジカルシンキング(Logical thinking、論理的思考)とは、

  • 情報を分解し再構成して筋の通った結論を導く考え方

のことです。

ロジカルシンキングの根拠と結論

ロジカルシンキングでは、

  • 因果関係:ある出来事が別の出来事を直接的に引き起こす関係
  • 相関関係:別々の出来事が同じようなタイミングで起こる関係

によって物事の影響を理解する力や、

  • 演繹法:一般論を使って出来事の結果を推測する
  • 帰納法:複数の出来事とその結果から規則性を見つける
  • アナロジー:別の似ている事例から結果を推測する
  • アブダクション:結果と一般論から起こった出来事を推測する

といった推論を使いこなして結論(としての仮説)を生み出す力が必要とされます。

また、

  • ピラミッドストラクチャー:情報を整理するためのピラミッド構造
  • ロジックツリー:問題解決に特化したピラミッドストラクチャー
  • MECE(ミーシー):モレなくダブりなく情報を分類する手法

といったフレームワークを使うことで、筋の通った結論や理論を作り上げます。

一方で、似た言葉として挙げられる「クリティカルシンキング(Critical thinking、批判的思考)」とは、

  • 情報を観察し分析することで結論を検証する

ことです。

つまり、この2つの考え方をよりシンプルに表現すると、

  • ロジカル・シンキング:筋の通った結論を生み出すこと
  • クリティカル・シンキング:結論に筋が通ってるか疑うこと

という相反する性質を持っていることがわかります。

ロジカルシンキングとクリティカルシンキング

ここでは、ロジカルシンキング(論理的思考)を中心に、クリティカルシンキング(批判的思考)との関係性と併せて、わかりやすく説明します。

ロジカルシンキングとは?

ロジカルシンキングとは、その名の通り論理的(情報が理路整然とした)な思考法のことです。

ロジカルシンキング(論理的思考)では、

  • 状況を取り巻く前提
  • 様々な情報

をもとに、

  • 正しい「問い」

を設定し、根拠に基づいた結論を導きます。

ロジカルシンキングの根拠と結論

例えば、

  • 前提:不採算店舗は閉鎖する会社の方針
  • 情報:店舗Aは直近一年の利益が赤字

という状況であれば、

  • 問い:店舗Aは閉鎖するべきか?
  • 結論:店舗Aは閉鎖するべきだ。
  • 根拠:店舗Aは不採算店舗の撤退条件を満たしている

と考えることができるかもしれません。これをまとめると「店舗Aは直近一年の利益が赤字であり、不採算店舗の撤退条件を満たしている。だから店舗Aは閉鎖するべきだ。」という筋の通った結論を主張することができます。

そのためには、

  • 様々な情報を集めて分解し
  • 正しい問いを見つけて掘り下げ
  • 根拠を組み立て
  • 結論を導く

といったロジカルシンキングの一連の作業が必要になります。

この一連の作業をスムーズに行うためには、

  • 因果関係や相関関係
  • 仮説推論(演繹法、帰納法、アナロジー、アブダクション)

といった思考テクニックや、

  • ピラミッドストラクチャー:情報を整理するためのピラミッド構造
  • ロジックツリー:問題解決に特化したピラミッドストラクチャー
  • MECE(ミーシー):モレなくダブりなく情報を分類する手法

といったフレームワークが使われています。これらについては、後ほど詳しく説明します。

正しい「問い」の重要性

ロジカルシンキングでは、正しい「問い」を立てることが「筋の通った結論」を導くことと同じくらい重要です。

なぜなら「問い」によって「結論」が大きく変わるからです。

先ほどの例で言えば、

  • 問い:店舗Aは閉鎖するべきか?
  • 結論:店舗Aは閉鎖するべきだ。

という形でお互いに対応しています。

しかし、

  • 問い:店舗Aの店長を変えるべきか?

だったり、

  • 問い:店舗Aの赤字を補填し続けるべきか?

だったりすれば、それぞれの結論は大きく違うものになるはずです。

つまり、いくらロジカルシンキングで筋の通った結論を導いたとしても、問いそのものが間違っていると無意味な結論になってしまいます。

そのためには、次に説明する「クリティカルシンキング」を使って、

  • 導こうとしている結論に対する問いそのものが正しいのか?

ということを考えなければいけません。

補足

ロジカルシンキングと、次に説明するクリティカルシンキングは、同じ意味で扱われる場合もあります。

実際に英語版のWikipediaでは、「Logical thinking」で検索しても「Critical thinking」に転送されてしまいます。(日本語版では区別されています。)

参考 Critical thinkingWikipedia

そのため、同じ意味で両方の言葉を使っていたとしても間違いということではありません。

ロジカルシンキングとクリティカルシンキングの違い

クリティカルシンキング(批判的思考)とは、物事を多面的にとらえて観察や分析を行う思考法のことです。

ロジカルシンキングと比較されることも多い用語ですが、違いは以下の通りです。

ロジカルシンキングクリティカルシンキング
より主観的より客観的
筋の通った考え方多面的な考え方
情報を分解・再構成する情報を観察・分析する
問いを設定する問いや前提を疑う
仮説を生み出す仮説を検証する
結論を導く結論に疑問を持つ

ロジカルシンキングとクリティカルシンキングをざっくりと表現すれば、

  • ロジカル・シンキング:筋の通った結論を考えること
  • クリティカル・シンキング:結論に筋が通ってるか疑うこと

と考えることができます。

これを図で表すと下記のようなイメージになります。

ロジカルシンキングとクリティカルシンキング

先ほど挙げた例の、

  • 前提:不採算店舗は閉鎖する会社の方針
  • 情報:店舗Aは直近一年の利益が赤字
  • 問い:店舗Aは閉鎖するべきか?
  • 結論:店舗Aは閉鎖するべきだ。
  • 根拠:店舗Aは不採算店舗の撤退条件を満たしている

というロジカルシンキングによる主張があった場合に、クリティカルシンキングでは、

  • 不採算店舗を閉鎖する会社の方針に例外はないのか?
  • 店舗Aの直近一年だけの財務状況で十分に判断できるか?
  • 経営判断として「閉鎖」以外の選択肢はないのか?
  • 店舗Aは本当に閉鎖すべきなのか?
  • 不採算店舗の撤退条件はどんな経緯で決まったのか?

などのことを考えます。

その結果、前提や結論が間違っていることがわかったり、集めるべき情報が不十分であることがわかったり、新たな課題が見つかったりと、大きな収穫が得られることもあります。

そしてクリティカルシンキングの結果を活かして、再びロジカルシンキングで結論を組み立てれば、より強固で信頼性の高い考えを主張することができるようになります。

そのためロジカルシンキングとクリティカルシンキングはセットで使うことが望ましく、2つの思考を相互に行き来することが思考を深めることにつながります。

またクリティカルシンキングは、多面的に物事を捉えることで質が高まるため、自分とは異なる視点を持った仲間や同僚に協力してもらえば効率的です。

補足

世の中にはクリティカルシンキングによって「自分を否定された」とか「個人を攻撃された」と感じてしまう人も少なからずいるようです。

クリティカルシンキングを身に付けた人は他人の主張に対して、ついつい別の視点で疑問を投げかけてしまいますが、クリティカルシンキングに慣れていない人にとっては「ただの否定」として受け取られかねません。

そうならないためには、クリティカルシンキングを行う適切な議論の場を設けたり、主張する本人自らが疑問を抱くように情報を提供するなどの配慮が必要です。

ロジカルシンキングの基本:因果関係と4つの推論

ロジカルシンキングでは、

  • 因果関係:ある出来事が別の出来事を直接的に引き起こす関係
  • 相関関係:別々の出来事が同じようなタイミングで起こる関係

違いの理解と、

  • 演繹法:一般論を使って出来事の結果を推測する
  • 帰納法:複数の出来事とその結果から規則性を見つける
  • アナロジー:別の似ている事例から結果を推測する
  • アブダクション:結果と一般論から起こった出来事を推測する

という4つの推論の手法を身に付けることが重要になります。

因果関係と相関関係

まずビジネスの環境下で起こっていることを理解するためには、因果関係と相関関係の違いを知っておかなければなりません。

因果関係と相関関係を比較すると下記のようになります。

因果関係相関関係
先に原因が起こる起こる順番は問わない
原因が結果に直接影響する互いに影響が無い可能性あり
出来事は必ず相関関係がある因果関係があるとは限らない

因果関係は、直接的な影響と時間的な順序があることが特徴です。

そしてもう一つ重要なのは、

  • 因果関係は相関関係の一種

だということです。

相関関係には、

  • 直接原因:一方がもう一方の出来事の直接的な原因になる(=因果関係
  • 間接原因:複数の出来事に間接的に因果関係がある
  • 相互作用:お互いに原因にも結果にもなる(=因果関係
  • 疑似相関:別の出来事が複数の出来事に影響を与える
  • 偶然の相関:まったく関係ない出来事に相関関係が見つかる

の5つのタイプがありますが、その中の一部が「因果関係」も持っています。

例えば、あるお店で夏の暑い日に、

  • 日中の気温が例年より高かった
  • アイスクリームの売り上げが伸びた
  • ビールの売り上げが伸びた
  • 酒のつまみの売り上げが伸びた

ということが起こったとします。

これを因果関係と相関関係で考えてみると、

  • 直接原因の相関(因果関係):ビールを飲みたい → 酒のつまみも欲しい
  • 間接原因の相関:気温が高い → 暑くて喉が乾く人が多い → アイスやビールを買う

といったように、影響を関連づけることができます。

ロジカルシンキングでは、「根拠」と「結論」を結びつけるために因果関係と相関関係の違いの理解が必要になります。また、様々な情報を選別する場合にも、因果によって影響があるのか、それとも全く関係のない出来事なのかを区別することが重要です。

帰納法

帰納法とは、

  • 複数の出来事とその結果から規則性を見つける

思考法です。

帰納法

ロジカルシンキングでは、帰納法を事例が少ない出来事を説明するために使うことができます。

例えば、

  • 競合A社は〇〇だったし、競合B社も〇〇だったので、同じ状況の自社も〇〇だろう。

というように根拠を示したり、結論づけたりできます。

演繹法

演繹法とは、

  • 一般論を使って出来事の結果を推測する

思考法です。

演繹法

ロジカルシンキングでは、一般的に知られている内容を根拠に出来事を説明するときなどに演繹法を使うことができます。

例えば、

  • 一般的に〇〇が起きると原材料が高騰するので、今期は生産コストが上昇する可能性が高い。

といったように説明することができます。

また「三段論法」と呼ばれる手法も演繹法の一種であり、

  • 一般論 = 大前提
  • 出来事 = 小前提
  • 仮説 = 結論

と置き換えて考えることができます。

アナロジー

アナロジーとは、

  • 別の似ている事例から結果を推測する

思考法です。

アナロジー

ロジカルシンキングでは、前例のない出来事の説明にアナロジーを使うことができます。

例えば、

  • 新製品Aの売り上げが急激に落ち込んでいるが、似たような顧客層を持つ既存製品Bも同じ時期に売り上げが急減したので、時間が経てば売り上げが回復する可能性がある。

といったような説明ができます。

アブダクション

アブダクションとは、

  • 結果と一般論から起こった出来事を推測する

思考法です。

アブダクション

ロジカルシンキングでは、出来事の原因を探る場合などにアブダクションが役立ちます。

例えば、

  • 過去にも複数の店舗でサービス品質の低下による客離れが起こったので、今回の店舗Aでみられる客離れもサービス品質の低下が原因なのかもしれない。

といった具合に仮説を立てることができます。

ロジカルシンキングのフレームワーク

ロジカルシンキングでは、フレームワークを使うことで様々な出来事を上手に効率よく整理することができるようになります。

その中でも特に身に付けておきたいのが、

  • ピラミッドストラクチャー:情報を整理するためのピラミッド構造
  • ロジックツリー:問題解決に特化したピラミッドストラクチャー
  • MECE(ミーシー):モレなくダブりなく情報を分類する手法

の3つのフレームワークです。

ピラミッドストラクチャー

ピラミッドストラクチャーは、アメリカの経営コンサルタントであるバーバラ・ミント氏の1973年の著書「The Minto Pyramid Principle(ミントのピラミッド原則)」で広まった考え方で、誰にでも伝わりやすい報告書の書き方を体系化したものです。

ピラミッドストラクチャーを使えば、下図のように相手に伝えたい情報を視覚的に構造化することができます。

ピラミッドストラクチャーのピラミッド

この「情報の構造化」がロジカルシンキングにとっても非常に重要であり、美しく構造化された情報は「筋の通った結論」を導くことになります。

また、情報でピラミッドを作り上げる過程そのものが「ロジカルシンキング(論理的思考)」であるとも言えます。

ロジックツリー

ロジックツリーは、先ほど紹介したピラミッドストラクチャーを問題解決に特化させたものです。

ロジカルシンキングでは「結論」が「解決案」になることも少なくありません。そんな時に役立つのがロジックツリーであり、解決案の具体性を深め、選択肢の幅を広げることができます。

ロジックツリーの縦と横

ロジックツリーでは上記のように、左側に大まかな解決案が設定され、右に枝分かれするほど選択肢の幅が広がっていく構造になります。

MECE(ミーシー、モレなくダブりなく)

MECEとは、情報が「モレなくダブりなく」という状態を満たしていることを指す言葉です。

MECE:モレなくダブりなくの状態

このMECE(ミーシー)も「The Minto Pyramid Principle(ミントのピラミッド原則)」に登場する考え方であり、ピラミッドストラクチャーやロジックツリーの構造をグループ化するために使うフレームワークになります。

ピラミッド構造のグループ

このMECEの切り口には、

  1. 因果関係:同じ結果をもたらす複数の原因を探す
  2. 類似性:共通の特徴を見つけてグループ化する
  3. 二項対立:互いに反する概念で2つに分ける
  4. 分割:全体を境界線で3つ以上に分割する
  5. 尺度:直線上に並んでいるものを任意の点で区切る
  6. プロセス:物事が起きる一連の流れを見つける
  7. 因数分解:出来事を掛け算の数式に変換する

の7つのタイプが存在しているので、情報の特性に合わせて使い分けてみてください。

より詳しい情報については、下記の記事もご覧ください。

ロジカルシンキングの本:おすすめ7選

いちばんのオススメが、ミント氏の著書「考える技術・書く技術」のシリーズです。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

バーバラ ミント
3,080円(11/19 07:35時点)
発売日: 1999/03/01
Amazonの情報を掲載しています

ロジカルシンキングの解説本は星の数ほど存在していますが、ほぼ全ての本がこの1978年に出版されたミント氏の著書を意識した内容になっているほど影響力があるシリーズです。

発売されてからかなりの年月が過ぎていますが、ロジカルシンキングやクリティカルシンキングの分野では、今でも売れ続けるロングセラーとなっています。

このシリーズは入門書やワークブックなどもあって充実しているので、手元において一通りやってみるのがロジカルシンキングを習得する近道だと思います。

入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法

入門 考える技術・書く技術――日本人のロジカルシンキング実践法

山崎 康司
1,650円(11/19 10:12時点)
発売日: 2011/04/08
Amazonの情報を掲載しています
考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉

考える技術・書く技術 ワークブック〈上〉

バーバラ ミント
1,760円(11/19 18:13時点)
発売日: 2006/01/01
Amazonの情報を掲載しています
考える技術・書く技術 ワークブック〈下〉

考える技術・書く技術 ワークブック〈下〉

バーバラ ミント
1,760円(11/19 07:35時点)
発売日: 2006/01/01
Amazonの情報を掲載しています

またグロービス経営大学院が出している「クリティカル・シンキング」のシリーズも人気があります。

グロービス経営大学院のクリティカルシンキングの授業は看板授業の一つで、力を入れているカリキュラムです。そのためクリティカルシンキングの書籍も、内容が比較的実践的であり、ビジネスの場面で役に立つ内容が多い印象です。

改訂3版 グロービスMBAクリティカル・シンキング (グロービスMBAシリーズ)

改訂3版 グロービスMBAクリティカル・シンキング (グロービスMBAシリーズ)

グロービス経営大学院
3,080円(11/19 08:00時点)
発売日: 2012/05/25
Amazonの情報を掲載しています
グロービスMBAクリティカル・シンキング コミュニケーション編

グロービスMBAクリティカル・シンキング コミュニケーション編

グロービス経営大学院
3,080円(11/19 08:00時点)
発売日: 2011/09/16
Amazonの情報を掲載しています
グロービスMBAビジネス・ライティング

グロービスMBAビジネス・ライティング

グロービス経営大学院
3,080円(11/20 06:38時点)
発売日: 2012/03/09
Amazonの情報を掲載しています

とりあえず上記に挙げた本が手元にあれば、ロジカルシンキングの知識については十分かと思います。あとは日常のビジネスシーンで、どんどん使って実践あるのみです。