貸借対照表と損益計算書の違いは?覚え方をわかりやすく図解【初心者向け】

貸借対照表と損益計算書

貸借対照表と損益計算書はそれぞれ、

  • 貸借対照表:お金のやりくりを視覚化する
  • 損益計算書:ビジネスの結果を視覚化する

といった役割の違いがあります。

貸借対照表と損益計算書

これらの2つの財務諸表の違いをまとめると、

損益計算書(P/L)貸借対照表(B/S)
ビジネスの結果お金のやりくり
特定の期間の合計を表す特定の日の状態を表す
利益を計算する資産を把握する

などが挙げられます。

貸借対照表と損益計算書は、ビジネスの一連の流れを数値で表していますが、立体的に視覚化すると下図のようになります。

貸借対照表と損益計算書の関係性とビジネスの流れ

時間の経過と共に、収益費用が積み重なっていき、その差分である利益貸借対照表を算出した日の資産の大きさに影響を与えます。

ここでは会計の初心者向けに貸借対照表と損益計算書の違いや覚え方について、2つの関係性を図を交えながらわかりやすく説明します。

貸借対照表と損益計算書の違いと覚え方

冒頭でもご紹介しましたが、貸借対照表と損益計算書の違いは次の3つの比較ポイントを覚えておいてください。

損益計算書(P/L)貸借対照表(B/S)
ビジネスの結果お金のやりくり
特定の期間の合計を表す特定の日の状態を表す
利益を計算する資産を把握する

まず貸借対照表(B/S)ですが、会社がどのようにお金を集めて何に使っているかという「お金のやりくり」をまとめた会計書類になります。その会社のある特定の日資産の状態を把握することができる、スナップショットのような会計書類です。

そして会社は、持っている資産を使ってビジネスを行います。そのある一定の期間における「ビジネスの結果」を表したのが、損益計算書(P/L)です。損益計算書の項目を計算することで、会社の利益(損益)を計算することができます。

覚え方としては、

  • 損益(利益や損失)を計算するのが損益計算書

と考えて、そうじゃない方が貸借対照表だと思ってください。

とはいえ、これだけでは会計初心者・初学者の方にはイメージしづらいと思うので、ここからはもう少し詳しく説明していきます。

貸借対照表(B/S)とは?

貸借対照表とは、

  • 資産の部、負債の部、純資産の部で構成された企業の総資産を表す財務諸表

のことで、「バランスシート(Balance Sheet)」や「B/S(ビーエス)」とも呼ばれます。

皆さんも、下図のように項目が左右に分かれた「勘定式の貸借対照表」を見かけたことがあるかもしれません。

勘定式の貸借対照表

この表では、

  • 表の右側(→)が企業の「お金の出所(自分たちのお金or他人のお金)
  • 表の左側(←)が企業の「お金の状態

を表しています。

これはビジネスにおけるお金の流れの前半部分になります。

貸借対照表(バランスシート)

貸借対照表のそれぞれの「」は、さらにいくつもの勘定科目に分けることができます。「現金預金」「土地」「建物」のようなイメージしやすいものから、「売掛金」「買掛金」「無形固定資産」などのようにイメージしにくいものまで様々あります。

でもとりあえずここでは、

  • 負債の部:返す必要のある他人から集めたお金の金額
  • 純資産の部:返す必要のない自分たちのお金の金額
  • 資産の部:集めたお金の状態(金額ベース)

ということだけ覚えておけば十分です。

より詳しい解説については、こちらの記事もご覧ください。

損益計算書(P/L)とは?

損益計算書とは、

  • 特定の期間に発生した利益を計算するための財務諸表

のことで、「P/L(ピーエル、Profit and Loss Statement)」などとも呼ばれます。

損益計算書については、下記のような項目が縦に並んだ「報告式の損益計算書」を見かけることが多いかもしれません。

報告式の損益計算書

損益計算書は「利益を計算する」ことが一番の役割です。

そのため上記の報告式の損益計算書では、

  • 売上総利益(粗利益)
  • 営業利益
  • 経常利益
  • 税引前当期純利益
  • 当期純利益

という順番で、上から段々に利益が計算されているのがわかると思います。

これは、ビジネスのお金の流れの後半部分を表していて、利益を計算することで「ビジネスの結果」を知ることができます。

貸借対照表とビジネスの結果

このビジネスの結果である「利益」を計算するためには、

  • 得られた収益:本業の売上を中心とした収益
  • かかった費用:売上の原価と販売にかかった支出を中心とした費用

を把握する必要があります。

収益」も「費用」も様々なものがありますが、

  • 収益が費用を上回っていれば利益になる

ということだけ、とりあえず覚えておいてください。

より詳しい解説については、こちらの記事もご覧ください。

貸借対照表と損益計算書の見方とビジネスの流れ

ここまでは貸借対照表と損益計算書の役割を説明しました。

ここからはビジネスの流れをふまえて、両方の財務諸表を併せて読むための見方を説明したいと思います。

どんなビジネスも、

  1. 資金調達:商売の元手になるお金を集める
  2. 事業投資:集めたお金で商売道具などをそろえる
  3. 事業活動:商売道具を使って儲ける

という大まかな流れがあります。

例えば、ラーメン屋を始めるなら、自分の貯金や親類から集めたお金を元手に、集めたお金で調理器具や厨房設備をそろえて、ラーメンを作って儲けます。より大きい規模で考えれば、製造業者が株式市場に上場して多くの株主からお金を集め、そのお金で新たな工場など大規模な設備投資を行い、規模の経済性を利用して利益を生み出します。

このようなビジネスの流れを、貸借対照表と損益計算書に当てはめると、貸借対照表は、① 資金調達(お金を集めること)」と「② 事業投資(商売道具などをそろえること)」の2つを金額で把握し、損益計算書は「③ 事業活動(商売道具を使って儲ける)」の結果を金額で把握するために作る資料になります。

…とは言え、財務諸表の文字と数字の羅列だけでは、多くの会計初心者や初学者にとってビジネスの流れをビジュアルでイメージしにくいものです。

そこで見ていただきたいのがこちらの図です。

貸借対照表と損益計算書の関係性とビジネスの流れ

こちらの図は、貸借対照表と損益計算書のつながりに時間軸を加えて、立体的に表現したものになります。

年度の最初の日である「期首」の資産を元手として、時間の経過と共に収益や費用が積み重なり、年度の最後の日である「期末」の資産の状態に利益や損失が影響を与える、というイメージです。

もちろん時間軸は「1年」だけでなく、「1ヶ月」「四半期(3ヶ月)」「半期(6ヶ月)」といった場合ものあるので、始めと終わりは「期首」「期末」じゃなくても大丈夫です。

筆者がこのタイプの図を初めて見たのは、経営コンサルタントの國貞克則氏の著書「決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 」という書籍です。(現在は「増補改訂版」が発売されています。)

【増補改訂】 財務3表一体理解法 (朝日新書)

【増補改訂】 財務3表一体理解法 (朝日新書)

國貞克則
902円(12/11 07:04時点)
発売日: 2016/10/13
Amazonの情報を掲載しています

当時、簿記の勉強中だった筆者は、國貞氏のこの表現を見たときに目から鱗でした。その後はこのイメージを元に財務三表が頭の中で繋がって、以前よりも会計の知識が腹落ちするようになった記憶があります。

ということで、このページの一番最後にも書籍へのリンクを貼っておきますので、気になる方は確認してみてください。

ここからは、それぞれのフェーズについてもう少し詳しく説明します。

期首の状態:貸借対照表

まず年度などの新しいサイクルが始まる前に確認するのが、貸借対照表(B/S、バランスシート)です。

1年のサイクルで見るなら、新しい年度が始まる一番最初の日である「期首」の貸借対照表の状態を確認します。

期首の貸借対照表

期首の貸借対照表は、

  • これまでどのようにお金を調達したか? → 負債・純資産の部
  • 調達したお金がどのような状態なのか? → 資産の部

ということが確認できるのですが、この「お金のやりくり」の状態をこの先どうするか考えなければいけません。

例えば、活用できていない工場や店舗があるのなら、維持費が負担としてのしかかってくるので、この先ちゃんと活用するか手放すかを判断しなければいけません。また現金が必要以上に余りすぎているのであれば、固定資産や研究開発に投資を行い、会社の価値を高める必要があるかもしれません。

いずれにしても、これまでの「お金のやりくり」を知ることで、この先の「お金のやりくり」や事業活動をどうするのかを考えることができます。

それをふまえた上で、「期中」の活動が始まります。

期中の状態:損益計算書

期中の状態を把握するためには、損益計算書(P/L)を確認します。

ここからは時間の経過と共に、収益も費用もどんどん積み重なっていきます。

期中の損益計算書

イメージとしては、

  • 売上が立てば「収益」がニョキニョキと伸びる
  • お金を使えば「費用」がニョキニョキと伸びる

ような感じです。

もちろん全てが同時に起こるわけではないので、タイミングによっては収益の合計が優っていたり、逆に費用の合計が収益を上回っていたりします。

そのため、利益についてはタイミングの影響が小さくなるようにある程度の期間で区切って合計を見る方が、ビジネスの結果である「利益」を計算しやすくなります。

ちなみに利益もいろいろあって、

  • 売上総利益(粗利益):本業の売上から原価を差し引いた利益
  • 営業利益:原価以外の費用も差し引いた本業の利益
  • 経常利益:営業利益に本業以外の活動も加えた通常の利益
  • 税引前当期純利益:経常利益に特別な活動も加えた利益
  • 当期純利益:税金も差し引いた最終的な利益

といった具合に、

  • 本業のビジネス(営業)か、それ以外(営業外)か
  • いつも起こること(経常)か、まれな出来事(特別)か

という軸で利益を分類します。

そして、このいろいろな利益の中でも「期末」の貸借対照表に影響を与えるのが、

  • 当期純利益:税金も差し引いた最終的な利益

です。

期末の状態:貸借対照表

1年というサイクルであれば、年度の最後の日が「期末」になります。その期末に確認するのも、期首と同様に貸借対照表になります。

期首」と「期末」の貸借対照表を比較することで、

  • ビジネスの結果が与える会社の資産への影響

を知ることができます。

そのビジネスの結果というのが、

  • 当期純利益:税金も差し引いた最終的な利益

であり、期末の貸借対照表の「純資産の部」>「利益剰余金」>「繰越利益剰余金」に加算されます。

この「加算」についてですが、

  • 利益が出るパターン:当期純利益がプラス
  • 損失が出るパターン:当期純利益がマイナス

の2つのパターンに分かれます。

利益が出るパターン

まず当期純利益がプラスの場合、つまり最終的な利益が出ているパターンでは、当期純利益が「繰越利益剰余金」に移動して純資産の部が増加します。

下の図では、費用を上回った収益が純資産に食い込んで押し上げるイメージです。

期末に利益が出た場合の貸借対照表

純資産の部(右下)」が「利益」で押し上げられると、その上に乗っている「負債の部(右上)」も押し上げられます。

そうすると今度は「資産の部(左側)」もバランスを取るように上に伸び、資産の増加となります。

つまり「ビジネスの結果」によって会社が成長(資産が増加)したということです。

損失が出るパターン

逆に当期純利益がマイナスの場合、つまり最終的に損失が出てしまったパターンでは、「繰越利益剰余金」が損失を補う形で純資産の部が減少します。

下の図では、収益が費用を上回った「損失」が発生していて、それを埋め合わせるために純資産が小さくなってしまうイメージです。

期末に損失がでた場合の貸借対照表

純資産の部(右下)」が「損失」によって縮んでしまうと、その上に乗っている「負債の部(右上)」も下に降りてきます。

そうすると今度は「資産の部(左側)」もバランスを取るように短くなり、資産の減少となります。

つまり「ビジネスの結果」によって会社が縮小(資産が減少)したということです。

このように、貸借対照表と損益計算書はお互いに影響し合う関係であり、財務諸表はその関係性を数値で表現しているのです。

貸借対照表と損益計算書のExcelテンプレート

ここまで貸借対照表と損益計算書を立体的なイメージで説明しました。

しかし一般的な財務諸表は文字と数字のみで書かれているので、それぞれの勘定科目のボリューム感や影響度合いを視覚的にイメージすることが難しいかと思います。

そこでこのサイトでは、貸借対照表や損益計算書を積み上げグラフで表示するExcel形式のテンプレートを用意しました。

以下が無料テンプレートのサンプルになります。

貸借対照表のExcelテンプレート

Excelで作った貸借対照表

損益計算書のExcelテンプレート

損益計算書のスプレッドシート

いずれのテンプレートも、下記の個別の記事から無料でダウンロードすることができます。

皆さんも自分の会社や気になる会社の数値を入力して、貸借対照表と損益計算書のつながりを視覚的にイメージしてみてください。

おすすめ書籍

先ほどもご紹介しましたが、財務諸表のつながりを深く理解するには國貞氏の書籍をお勧めいたします。

ただし、以下にご紹介する本は貸借対照表や損益計算書の他に「キャッシュフロー計算書」も登場するため、このページの解説よりも複雑な説明になっています。

一応、「会計初心者向け」ということで書かれているようですが、簿記会計の知識がゼロだと読むのがしんどいかもしれません。

逆に「簿記や会計を勉強し始めたけど、どうも腹落ちしない。」「財務諸表の項目は一通り理解しているが、読み方がいまいちわからない。」といった人には、非常にお勧めします。

【増補改訂】 財務3表一体理解法 (朝日新書)

【増補改訂】 財務3表一体理解法 (朝日新書)

國貞克則
902円(12/11 07:04時点)
発売日: 2016/10/13
Amazonの情報を掲載しています
財務3表図解分析法 (朝日新書)

財務3表図解分析法 (朝日新書)

國貞克則
858円(12/11 13:56時点)
発売日: 2016/10/13
Amazonの情報を掲載しています
財務3表実践活用法 会計でビジネスの全体像をつかむ (朝日新書)

財務3表実践活用法 会計でビジネスの全体像をつかむ (朝日新書)

國貞克則
792円(12/11 21:32時点)
発売日: 2012/07/13
Amazonの情報を掲載しています