PEST分析とは?読み方とその目的:政治・経済・社会・技術で外部環境を分析

PEST分析とは、1980年代に発展した定番の外部環境分析フレームワークです。

  • 政治的要因(Political factors)
  • 経済的要因(Economic factors)
  • 社会的要因(Social factors)
  • 技術的要因(Technological factors)

の4つの要因から、ビジネス環境への影響を考えます。「PEST」の読み方は「ペスト」です。

ここではPEST分析について、詳しくご紹介したいと思います。

PESTの意味と読み方

PEST分析は、

  • Political factors(ポリティカル・ファクター)= 政治的要因
  • Economic factors(エコノミック・ファクター)= 経済的要因
  • Social factors(ソーシャル・ファクター)= 社会的要因
  • Technological factors(テクノロジカル・ファクター)= 技術的要因

の4つの英語の頭文字を並べたもの(頭字語)で、読み方は「ペスト」です。

「PEST」という言葉自体は頭字語なので、単語としての意味はありません。「政治・経済・社会・技術」を略して「PEST(ペスト)」と呼んでいます。

ちなみに、

  • Legal factors(リーガル・ファクター)= 法的要因
  • Environmental factors(エンバイロメント・ファクター)= 環境的要因

の2つを加えた「PESTLE分析」というものもあります。こちらの読み方は「ペッソル」「ペスル」などになります。こちらも後ほど説明します。

PEST分析とは

PEST分析とは、政治的・経済的・社会的・技術的要因の4つから、自分たちのビジネスに影響がありそうな出来事を分析する手法です。

政治

政治的要因(Political factors、ポリティカル・ファクター)とは、政治情勢、法律、政策などによる影響です。

具体例としては、国の財政政策、新たな政策、条例の制定、政治家の交代などが挙げられます。

経済

経済的要因(Economic factors、エコノミック・ファクター)とは、景気の良し悪し、金融政策などによる経済への影響です。

具体例としては、日銀の金融政策、バブル(とその崩壊)、特需、経済成長率の変化などが挙げられます。

社会

社会的要因(Social factors、ソーシャル・ファクター)とは、人口動態、文化、国民のライフスタイルの変化による影響です。

具体例としては、人口の変化、出生率、価値観の変化、流行などが挙げられます。

テクノロジー

技術的要因(Technological factors、テクノロジカル・ファクター)とは、技術や産業の発展による影響です。

具体例としては、新技術の普及、新しい手法の確立などが挙げられます。

その他の要因

これらの他にもイギリスでメジャーな「PESTLE分析」や、アメリカで2000年代半ばから使われるようになった「SPELIT分析」なども存在しています。

イギリスでメジャーな「PESTLE分析」は、PEST分析に下記の二つの要因を加えたものです。

  • 法的要因(Legal factors):制度や法律などによる影響
  • 環境的要因(Environmental factors):天候や気候の変化による影響

制度や法律の変更の多い業界では、法的要因を政治的要因に含めずに独立させて考えると分析しやすくなります。また天候や気候の変動が、ビジネスに強く影響する業界(例えば農林水産関係)などは、環境的要因も合わせて考える必要があります。

アメリカで使われている「SPELIT分析」は、PEST分析に法的要因と、異文化間要因(Inter-cultural factors)を加えたものです。様々な人種と文化が入り混じる、アメリカならではのフレームワークです。

ヒント

PESTの4つだけでは、分析がうまく出来ないケースが多くあります。その時の状況に応じて、法的要因(L)や環境的要因(E)を加えることをお勧めします。

  • 最近大きな自然災害が起きた → 環境的要因を追加
  • 新技術が普及しそうだけど法整備がまだ → 法的要因を追加

PEST分析のやり方

PEST分析をうまくやる手順と、分析に使えるテンプレートを別記事にまとめてみました。

PEST分析のやり方の例:無料テンプレートで外部環境を分析してみよう