エーベルの三次元事業定義モデル(えーべる-の-さんじげん-じぎょう-ていぎ-もでる)

要するに…

エーベルの三次元事業定義モデルとは、3つの問いに答えることで事業領域を定義できるフレームワークのことです。「エーベルモデル(Abell’s Model)」や「エーベルの三次元枠組み」とも呼ばれます。

もうちょっと詳しく説明すると…

エーベルの三次元事業定義モデル(Three Dimensional Business Definition Model)とは、1980年に経済学者のデレク・エーベル教授が提唱した、事業領域を定義するためのフレームワークです。

エーベル教授は著書「Design The Business(事業をデザインする、邦題:事業の定義) 」の中で、この三次元事業定義モデルを発表しました。

事業を定義する3つの軸

エーベルモデルが発表される以前は、1957年のイゴール・アンゾフの「製品市場マトリクス」など、「製品・技術の軸」と「市場(顧客)の軸」の2軸で、事業領域が定義されていたようです。

他にも、古典的な方法として「物理的定義」や「機能的定義」があります。事業領域の「物理的定義」や「機能的定義」についてはこちらの記事をご覧ください。

事業領域(じぎょう-りょういき)

その後エーベル教授は、以下の3つの軸を事業を定義するための軸として提唱しました。

  • 提供された顧客グループ(Served Customer Groups)
  • 提供された顧客機能(Served Customer Functions)
  • 利用した技術(Technologies Utilized)

これらは互いに干渉しないので、独立した「三次元」の軸と言えます。

この3つの軸を、もう少しわかりやすく言い換えてみると、

  • 事業の対象となる顧客
  • 満たされるべき顧客ニーズ
  • ニーズを満たすための技術

となります。

事業を定義する3つの問い

事業領域に関して、先ほどの3つの軸から3つの問いを立てることができます。

  • その事業の恩恵を受ける顧客は誰なのか?
  • その事業で満たすべき顧客ニーズは何なのか?
  • その事業はどんな技術によって実現できるのか?

これらの3つの問いの答えが明確になれば、事業領域を定義したと言えます。

例えば「業務用精密機器の輸送が主力事業の運輸業者」で考えると、

  • 業務用精密機器メーカー
  • 製品を購買者に早く・安全に・確実に届ける
  • 物流システム、物流ネットワーク、梱包ノウハウ

が事業領域となります。

おすすめの書籍

より詳しく学ぶには、エーベル教授の書いたこちらの本をお勧めします。

新訳 事業の定義―戦略計画策定の出発点 (碩学叢書)

新訳 事業の定義―戦略計画策定の出発点 (碩学叢書)

デレク・F. エーベル
3,672円(01/16 11:53時点)
発売日: 2012/02/01
Amazonの情報を掲載しています