ケイパビリティとは?意味を具体例と図解でわかりやすく解説

ケイパビリティとは、一連の戦略的なビジネスプロセスを実行するための能力のことです。ケイパビリティは、社内の複数の部門だけでなく社外のパートナーとも協力することが必要です。

競合他社が簡単に真似できないビジネスプロセスを構築することで、競争力を高めることができます。関連する用語として「ケイパビリティ・チェーン」「ケイパビリティ・ベース戦略」「バリューシステム」「ダイナミック・ケイパビリティ」などがあります。

ここではケイパビリティの意味だけでなく、関連する用語についても説明します。

英語の意味

「Capability(ケイパビリティ)」という英単語を辞書で引いてみると、「能力」という意味の他に「性能」「才能」「可能出力」などが挙げられています。

単語を分解してみると、「Capable(可能である)」と「Ability(〜できること)」が合わさった言葉とも言えます。つまり、何かを「実現したり処理したりできること」やその力を指しています。

ケイパビリティ・チェーン

例えば、顧客に「安くて新鮮な食品」を提供できる企業があったとします。その企業のケイパビリティは、信頼できる提携農家の協力で安定的に野菜を仕入れ、物流システムで加工工場に素早く届け、効率的に小売店まで運ぶ、という一連の「ビジネスプロセス」と言えます。

ケイパビリティ

このようにケイパビリティは1社だけでなく、供給元の農家や納品先の小売店の協力がなければ成り立たないこともあります。

そしてこのような複雑で優れたケイパビリティは、簡単に真似をすることができません。真似をすることが難しいということは、競争で優位に立てることをになります。

こういったケイパビリティを中心に置いた戦略を、「ケイパビリティ・ベース競争戦略」と呼びます。

ケイパビリティ・ベース競争戦略

ケイパビリティ・ベース競争戦略には4つの基本原則があります。以下は「戦略論 1957-1993 (HARVARD BUSINESS PRESS) 」の第9章より引用します。

  1. 企業戦略を構成する要素は、製品や市場ではなく、ビジネスプロセスである。
  2. 主要なビジネスプロセスを、他者に勝る価値を継続的に顧客に提供できるような戦略的ケイパビリティへと変換することが、競争の勝敗を左右する。
  3. SBU(戦略的事業単位)と職能部門を結びつける一方、双方の力をこれまでの限界を超えて引き出すためにインフラに戦略的に投資し、戦略的ケイパビリティを構築する。
  4. ケイパビリティは必然的に複数の職能部門にまたがるため、ケイパビリティ戦略を推進するのはCEOの仕事である。

このように、競争に打ち勝つためのケイパビリティを維持し続けるためには、企業全体で取り組みながら、しっかりと投資を続けることが重要です。

ケイパビリティとバリューシステム

ケイパビリティに通じる考え方として「バリューシステム」というものがあります。

バリューシステムとは、個々の企業の中のビジネスプロセスである「バリューチェーン(価値連鎖)」の集合体です。ケイパビリティの理解が深まると思うので、バリューチェーンの記事もお勧めします。

バリューチェーンとは?マイケル・ポーターの価値分析フレームワーク

ダイナミック・ケイパビリティ

ダイナミック・ケイパビリティとは、1997年にデイビッド・ティース教授らの論文「Dynamic Capabilities and Strategic Management(ダイナミック・ケイパビリティと戦略経営)」で提唱された考え方です。

ケイパビリティは、

  • ゼロ次一般ケイパビリティ(Zero-order Ordinary Capability)
  • 高次動的ケイパビリティ(High-order Dynamic Capability)

の2つに分類できます。

通常のケイパビリティである「0次一般ケイパビリティ」は、現在の経営戦略を担っている日々のオペレーションのための「実行力」です。

ダイナミック・ケイパビリティと呼ばれる「高次動的ケイパビリティ」は、

  • 経営資源の統合
  • 経営資源の再構築
  • 経営資源の再構成

を伴う、急速な環境変化に対応するための「適応力」です。

一般のケイパビリティもダイナミック・ケイパビリティも、どちらが優れているというわけではなく、必要とされる状況が違うだけです。

ティース教授は急激な環境変化に対して「企業の敏捷性」を高めるためには、

  1. 従業員が素早く学ぶことで戦略的資産を構築する
  2. 「一般的なケイパビリティ」「技術」「顧客からのフィードバック」などの戦略的資産の統合する
  3. 価値が低くなった現在の経営資源の変換や再利用をする

の3段階のステージを経ることが企業に必要だと説いています。

もっと詳しい内容については、こちらの書籍が参考になるかもしれません。

ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

3,024円(03/22 23:22時点)
発売日: 2018/09/22
Amazonの情報を掲載しています

おすすめの書籍

「戦略論 1957-1993 (HARVARD BUSINESS PRESS)」の第9章には、1992年にBCG(ボストン・コンサルティング・グループ)のストーク氏による記事「Competing on Capabilities: The New Rules of Corporate Strategy 」の日本語訳が掲載されています。アメリカ小売大手のウォルマートを例に、「ケイパビリティ」について詳しく書かれています。

戦略論 1957-1993 (HARVARD BUSINESS PRESS)

戦略論 1957-1993 (HARVARD BUSINESS PRESS)

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー編集部
発売日: 2010/05/14
Amazonの情報を掲載しています