ビズリーチのビジネスモデル図解:市場限定と利用者選別のプラットフォーム戦略

ビズリーチの強さ③:潜在層への訴求による供給量の増加

3つ目の強さは、

  • まだ転職を考えていない層にも会員登録させて供給量を増やす

という施策です。

通常は、転職を考えているターゲット層、つまりニーズが顕在化しているターゲット層に広告を打ちます。しかしビズリーチは、転職を考えていないハイクラス人材、つまりニーズが潜在的な状態である層にも積極的にサービスの訴求を行なっています。

図で表すと以下のとおり。

ビズリーチ:潜在層への訴求による供給量の増加

この「転職潜在層への訴求」は、即戦力人材の登録希望者を増加させ、登録数(労働力の供給量)を増加させます。その結果、求人企業やヘッドハンターに対するビズリーチの価値が向上するのです。

ビズリーチのビジネスモデルまとめ

ここまで、ビズリーチの強さの秘密を、

  1. 市場絞り込みによる売上単価向上
  2. 利用者選別によるプレミアムの獲得
  3. 潜在層への訴求による供給量の増加

の3つに分けて解説しました。

プラットフォーム型ビジネスの中でも、複数の異なる利用者を取り扱うマルチサイドプラットフォームは特に難易度の高い事業形態です。

ビズリーチでは、

  • 求人企業
  • ヘッドハンター
  • 転職希望者

という3タイプの利用者が存在していますが、それぞれが異なるニーズを持っており、個別にサービス特性を訴求しなければなりません。

それだけでなく、常に需要と供給のバランスを保ち続ける必要もあります。

しかしビズリーチは、プラットフォーム型のビジネスモデルを軌道に乗せ、ネットワーク効果を活かして事業拡大から上場に至りました。

最後にもう一度ビジネスモデルの全体像を見てみましょう。

ビズリーチのビジネスモデル図解

ビジネスモデルとしては、

  • 独自審査で利用者の質を上げることでプラットフォームの価値を底上げした
  • 複数の手数料徴収方法を組み合わせて利益率を高めている
  • 転職潜在層への訴求で供給量を補っている

というような部分が、競争優位の源泉になっているように感じます。

他のプラットフォーム型ビジネスでも応用できるかもしれませんね。

ビズリーチ創業者 南壮一郎氏の著書

絶対ブレない「軸」のつくり方

絶対ブレない「軸」のつくり方

南 壮一郎
1,138円(04/16 12:54時点)
発売日: 2010/12/09
Amazonの情報を掲載しています
ともに戦える「仲間」のつくり方

ともに戦える「仲間」のつくり方

南 壮一郎
1,188円(04/16 12:54時点)
発売日: 2013/03/27
Amazonの情報を掲載しています

 

1 2 3 4 5 6 7 8