規模の経済・範囲の経済・経験曲線効果の違いを図解すると一目瞭然

ミクロ経済学に登場する「規模の経済」と「範囲の経済」、そして生産管理に登場する「経験曲線効果」の3つの違いを、図やグラフを使ってわかりやく解説します。

ザックリとした違い

まずは「規模の経済(エコノミー・オブ・スケール)」「範囲の経済(エコノミー・オブ・スコープ)」「経験曲線効果(コスト・カーブ・エフェクト)」の大体の意味を理解して、ザックリと違いをイメージしてみましょう。

  • 規模の経済:同じ設備でたくさん作ると製品1つあたりのコストが下がる
  • 範囲の経済:複数の製品を1つの会社が作ればコストが下がる
  • 経験曲線効果:同じ作業を何度も繰り返すと上手くなってコストが下がる

どの考え方もコストが下がるわけですが、まだちょっとわかりにくいですよね…。ここからは図とグラフを交えて、それぞれをみていきましょう。

規模の経済

規模の経済(Economies of scale)とは、たくさん生産すると製品1個あたりの固定費がどんどん減っていく現象のことです。「規模の経済性」とも呼ばれます。

製品を作る時の費用は、

  • 変動費:製品の原材料費など製品を1個作るごとに毎回必要な費用
  • 固定費:機械設備など製品を作る際に使いまわせるものの費用

です。そしてこの2つを足したものを「費用」と呼ぶことにします。

ここでは15円で買える生産設備(固定費)に、1円の原材料(変動費)を投入すれば、1個の製品が作れるとします。まずは5個だけ生産してみましょう。

その結果、5個の製品が完成して、生産に必要な1個あたりの費用は4円になりました。

次は15個作ってみましょう。

その結果、15個の製品が完成しました。この時固定費は15個の製品に分割されるので、生産に必要な1個あたりの費用が2円まで下がりました。これは5つだけ作った時に比べて半額です。この効果を「規模の経済」と呼びます。

グラフで表すと下記のようになります。

生産量を Q1 から Q2 まで引き上げることで、固定費が分割されて製品1つあたりの費用が C1 から C2 まで下がりました。

ちなみに作りすぎると逆にコストが増える場合もあり、「規模の不経済」と呼ばれます。規模の不経済についてはこちらの記事も参考にしてください。

規模の経済(きぼ-の-けいざい)

範囲の経済

範囲の経済(Economies of scope)は、1つの会社で複数の製品を作ることで、別々の会社でそれぞれの製品を作るよりコストが下がる状況のことです。「範囲の経済性」とも呼ばれます。

製品を作る時の費用は、

  • 製品の変動費:その製品を1つ作るために必要な原材料などの費用
  • 製品の固定費:その製品を加工するために必要な機械設備などの費用
  • 会社全体の固定費:生産以外の事務、人事、広告、販売などの費用

です。

  • 製品Aだけしか作らないA社
  • 製品Bだけしか作らないB社

の2社があるとします。それぞれ、製品1個あたりの変動費を1円(下図、白色)、製品を作るための固定費を5円(下図、グレー)、そのほか会社全体で必要な固定費を10円(下図、水色)とします。それぞれの会社で事務、人事、広告、販売などの生産に直接関係しない費用が発生しています。

それぞれの固定費は、製品を生産した数で分割されます。A社が製品Aを5個作った場合の、製品1個あたりの費用は4円になりました。B社も同様です。

次にC社も見てみましょう。C社は製品Aも製品Bも生産しています。C社は製品を作る以外の費用は、製品Aと製品Bで共通化できます。製品を2種類作るからといって、社長は2人も必要ありません。

製品ごとの変動費や固定費は、作った製品の数で分割されます。さらに会社全体でかかる固定費は、全ての製品で分割されます。

その結果、製品Aも製品Bも製品1個あたりの費用は3円になりました。これは先ほどの、別々の企業が作った場合より安くなっています。単純に価格競争になってしまうと、A社もB社もC社には負けてしまいます。これが「範囲の経済」の効果です。ビジネスの範囲を広げることで、コストが削減されます。

これをグラフで表すと下記のようになります。

別々の会社で別々の製品を作った場合の、製品1個あたりの費用をC1とします。

これら2つの製品を、1つの会社が作って範囲の経済の効果が現れると、下記のグラフのようになります。

製品Aと製品Bのどちらにも必要な固定費などが、共有することで分割されました。その結果、製品1個あたりの固定費も削減され、費用が C1 から C2 に下がりました。

大企業が中小企業よりもコスト面で有利なのは、先ほどの規模の経済だけでなく、範囲の経済の効果も聞いていると言えます。

ちなみに様々な製品を作ることで、逆に費用がかさんでしまう状態を「範囲の不経済」と呼びます。範囲の不経済についてはこちらの記事も参考にしてください。

範囲の経済(はんい-の-けいざい)

経験曲線効果

経験曲線効果(Experience curve effects)とは、経験値が積み上げられることで効率が向上して、コストの削減効果が生まれることです。「経験効果」とも呼ばれます。

2つの部品を組み合わせて、1つの製品を作るとします。部品はそれぞれ1円で、製品10個分の部品が用意されています。

当然初めて作った時には慣れていないため、すべて上手く作れるとは限りません。試行錯誤しながら部品を組み合わせ、製品10個分の部品で販売できる状態のものが5個完成しました。残りの5個は不良品で廃棄することになりました。

つまり10個分の材料費20円で、5個完成したので製品1個あたりの費用は4円です。

それからしばらく同じ製品を作り続けました。部品を組み合わせるコツをつかみ、失敗しやすい作業は工夫をしました。そしてたくさんの経験を積んだことで、最初の頃より確実に、しかも早く作れるようになりました。

最初の頃のように失敗をすることは滅多になくなりました。製品10個の材料を用意すれば、売ることのできる製品を10個完成させることができます。

つまり10個分の材料費20円で、10個完成したので製品1個あたりの費用は2円です。最初の頃と比べて、製品1個あたりの費用が半分になりました。これが「経験曲線効果」です。

グラフで表してみると下記のようになります。

経験を積んだことで、無駄が減って製品1個あたりの費用が C1 から C2 に下がりました。この経験はどの生産量でも活かすことができます。新しい工場を作ったとしても、経験曲線効果は失われません。

経験曲線効果のより詳しい説明は、下記の記事をご覧ください。

経験曲線効果(けいけん-きょくせん-こうか)

3つすべてが同時に起きた場合

「規模の経済」「範囲の経済」「経験曲線効果」はどれも生産の費用を引き下げる効果があります。サービス業であればサービスを提供する費用を引き下げます。そしてこの3つのコスト削減効果は同時に起こすことができます。

3つの効果を上手く併用すれば、競合相手よりコストの面で優位に立つことができます。競合と同じ値段で売っても、多くの利益が生まれます。いわゆる「コスト・リーダーシップ戦略」です。

グラフで表すとこうなります。

3つの効果が同時に現れることで、製品1個あたりの費用は C1 から C4 まで下がっています。

  • 生産量を Q1 から Q2 まで増やしたことで「規模の経済」が生まれて費用が C1 から C2 に下がった
  • 同じ製品を作り続けることで経験が蓄積される「経験曲線効果」が現れて費用が C2 から C3 に下がった
  • 別の生産ラインで別の製品を作り始めたので「範囲の経済」によって会社全体の費用が分割されて C3 から C3 に下がった

このように、それぞれの違いを理解することで、効果を切り分けることができます。そして戦略に活かすことができます。

おすすめの書籍

「規模の経済」「範囲の経済」「経験曲線効果」など、ミクロ経済学の考え方をより詳しく学ぶには、ビジネススクールで教科書として使われている「マンキュー経済学Ⅰ ミクロ編」をおすすめします。

マンキュー経済学 I ミクロ編(第3版)

マンキュー経済学 I ミクロ編(第3版)

N.グレゴリー マンキュー
4,320円(01/16 12:20時点)
発売日: 2013/03/22
Amazonの情報を掲載しています