ケイパビリティ(けいぱびりてぃ)

要するに…

ケイパビリティとは、強みを実現するための様々な能力のことです。

もうちょっと詳しく説明すると…

ケイパビリティは日々の環境の変化に対応することで、増えたり強化されたりします。

例えばお客さんからの値下げ要求に応えるために生産の効率化を進めると、「コスト競争力の高い製品を効率的に生産するオペレーション能力」というケイパビリティが生まれます。またお客さんの悩みを解決するような製品改善をどんどん行えば、「顧客のニーズをいち早くとらえて製品に反映させる企画力」というケイパビリティが生まれます。

そしてこれらのケイパビリティを組み合わせることで、「顧客の悩みを解決するコストパフォーマンスの高い製品を生産する能力」というコアコンピタンスが実現されます。これらのコアコンピタンスとケイパビリティの関係性については、こちらの記事をご覧ください。

コアコンピタンスとケイパビリティの違いとは?強みの構造を理解する方法

もっと詳しく知りたい方は、こちらの書籍をオススメします。

戦略論 1957-1993 (HARVARD BUSINESS PRESS)

戦略論 1957-1993 (HARVARD BUSINESS PRESS)

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー編集部
8,955円(12/19 10:48時点)
発売日: 2010/05/14
Amazonの情報を掲載しています

こちらの第9章には、1992年にBCG(ボストン・コンサルティング・グループ)のストーク氏による記事「Competing on Capabilities: The New Rules of Corporate Strategy」の日本語訳が掲載されています。アメリカ小売大手のウォルマートを例に、「ケイパビリティ」について詳しく書かれています。