製品・商品・サービスの意味の違いを図解で比較

製品」と「商品」の違いは、

  • 売り物として扱われる前か後かの違い

です。

英語にすると、

  • 製品 = Products(意味:生み出されたもの
  • 商品 = Merchandise(意味:商人が扱うもの

となって、よりわかりやすいと思います。

つまり製品として製造されても、売ろうとしなければ商品にはなりません。

そして「サービス」は

  • 物質として形がない「製品」または「商品」

です。

これらのことを図にすると、下記のようになります。

製品・商品・サービスの違い

ここからは、製品・商品・サービスの違いを図解しながら説明します。

製品・商品・サービスの違いを図解

まず「製品」と「商品」は、

  • 製品:原材料などを加工して製造されたもの
  • 商品売買の対象として扱われるもの

という違いがあります。

製品」は、直接売られるかどうかに関わらず、製造されたものを指します。

一方で「商品」は、売買の対象になれば何でも「商品」と呼べます。

例えば、その辺に落ちている石ころを拾って誰かと取引しようとすれば、その石ころはその瞬間から「商品」になります。

逆に売る気がなければ「製品」だったとしても「商品」にはなりません。

例えば、世界で5台しか製造されなかったレアな自動車があるとします。もしその自動車を買った人が誰も売ろうとしなければ、その自動車は二度と「商品」になることはありません。

しかし誰かがその中の1台を手放そうと、オークションにかけたとします。そうすると、そのオークションに出した1台だけは「商品」となります。

これを図で表すと、冒頭でご紹介した図のようになります。

製品・商品・サービスの違い

さらに「製品」も「商品」も、

  • 広い意味(広義):サービスも含める
  • 狭い意味(狭義):サービスは含めない

という特徴があります。

表にしてみると以下のような感じです。

形のあるもの形のないもの
広い意味での製品製品サービス
広い意味での商品商品・品物・物品サービス

広い意味での「製品」とは、

  • 製品 = 製品そのもの + 製品に付随するサービス

ですが、狭い意味の「製品」は、

  • 製品 = 製品そのもの

になります。ただし、サービス部分だけを指して「製品」と呼ぶことはほぼありません。

広い意味での「商品」とは、

  • 商品 = 形のあるもの + 形のないもの

ですが、狭い意味の「商品」は、

  • 商品 = 形のあるもの(商品・品物・物品)
  • 商品 = 形のないもの(サービス)

というように、どちらか一方だけでも「商品」と呼ばれます。

製品

製品とは、製造工程を経たモノのことです。通常は部品などを組み立てたり、原料を仕入れて加工したりした後の状態を指します。原料の他にも、他の会社が作った製品を加工することで、別の製品を作り上げたりもします。

英語では、

  • 生み出す = Produce(プロデュース)

が転じて、

  • 製品 = Product(プロダクト)

となっています。

つまり生み出されたものを指して「製品(Product)と呼んでいます。

例えば「電気製品」や「加工製品」などが、わかりやすい例です。

電気製品には金属・プラスチック・樹脂などが使われていますが、原料の鉱石や石油から部品を作るメーカーはほとんど存在しません。どこかの会社が金属やプラスチックを作り、また別の会社がそれらを部品に加工します。それを大きなメーカーが仕入れて最終加工や組立を行います。

このようにサプライチェーン(供給連鎖)の中を流れるものを「製品と呼びます。

しかし、形のあるものだけが製品ではありません。製品には品質を保証したり、輸送を代行したりなどの「サービス」が付随することもよくあります。

広い意味では、サービスを含めて「製品」と呼びます。また、狭い意味で形のあるものだけを指して「製品」と呼ぶこともあります。ただし、サービスだけを指して「製品」と呼ぶ場面はほとんどありません。

商品

商品とは、顧客の目の前に提示したモノやサービスのことです。

英語では、

  • 商人 = Merchant(マーチャント)

が売買で取り扱っているものすべてを、

  • 商品 = Merchandise(マーチャンダイズ)

と呼んでいます。

そのため「製品」以外も商品になります。農作物や天然資源は、取引の対象となった瞬間から「商品」になるため、「製品」にならないまま「商品」となります。

例えば、畑で採れた野菜は、作った人が自分で食べてしまうのであれば「商品」ではありません。しかし値段をつけて棚に並べた瞬間に「商品」になります。石炭や石油も同様で、地中に埋まっているだけではただの天然資源ですが、掘り出す権利や資源そのものに値段がついた瞬間に「商品」となります。

また形のあるものだけを指して「商品(Merchandise)」と呼ぶこともあれば、サービスだけでも「商品(Merchandise)」と呼ぶこともあります。

一般的に形のある商品は、

  • 商品
  • 品物(しなもの)
  • 物品(ぶっぴん)

などと呼ばれます。

そして形のない商品は、

  • 商品
  • サービス

などと呼ばれます。

形があっても無くても「商品」と呼ばれることがあるので、文脈や状況から判断する必要があります。

サービス

サービスとは、役務(えきむ:他者のために行う労働)のことです。

サービスには4つの特性があると言われています。

  • 無形性(非有形性):形がなく目に見えないし触れない
  • 消滅性(非貯蔵性):形がないので貯めておけない
  • 変動性(非均一性):需要と供給の量や質にバラツキがある
  • 不可分性:サービスの提供と消費は同時であり切り離せない

書籍によって呼び方が少し違ったり「変動性」が需要と供給で2つに別れていたりしますが、ほぼ同じ内容が説明されていると思います。

商品とサービスの組み合わせ具体例

商品 = 形のある商品 + サービス

フルサービスの高級なレストランなどが、この「商品 = 形のある商品 + サービス」の例に当てはまります。

メニューに書かれているのは食事とその値段ですが、実際には素敵な時間を過ごすための様々なサービスが提供されます。絶妙なタイミングで食事を提供したり皿を下げたりします。ピアノの生演奏などもあるかもしれません。

商品 = サービス

「金融商品」は付随するサービスと共に、商品として扱われる例です。金融商品自体は「物品」でも「サービス」でもなく「契約」です。

参考 金融商品Wikipedia

銀行や証券会社は金融取引の「契約」を「商品」と呼んで、「契約を手伝う」サービスを提供します。そしてそのサービスの提供によって手数料を得ます。

もう一つの例は「タレント・芸能人」などです。タレントや芸能人は事務所にとっての「商品」です。しかし提供するのは「サービス」です。メディアに出演して喋ったり、パフォーマンスをしたり、広告で様々なイメージを印象付けたりします。

言葉の使い分け方

言葉の使い分け方を表にしてみると、

製品商品
売買や取引に関係しない売買や取引に関係する
製造されたもの製造されていないものも含む
サービスも含むことがるサービスのみを指すことがある

というイメージです。

とりあえず、「製造されたもの」であれば「製品」と言って間違い無いです。もしそれが「商品」だったとしても製造されたものが「製品」であることには変わりありません。

そして商品」は取引や売買の対象になっていれば、それが何であっても「商品」と呼べます。

区別する必要性は…ある?

区別する必要性については、「相手」と「話の内容」によると思います。

軽い雑談であれば区別しなくても良いでしょうし、ビジネスの核心に迫る場合は区別した方が伝わります。

また相手が「製品」や「商品」の違いを気にしない人であれば、相手の使い方に合わせると会話がスムーズに進むはずです。

関連書籍

大学4年間のマーケティングが10時間でざっと学べる

大学4年間のマーケティングが10時間でざっと学べる

阿部 誠
1,200円(10/17 08:42時点)
発売日: 2017/09/29
Amazonの情報を掲載しています
大学4年間のマーケティング見るだけノート

大学4年間のマーケティング見るだけノート

1,210円(10/17 08:42時点)
発売日: 2018/09/14
Amazonの情報を掲載しています
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版

コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版

Philip Kotler, Kevin Lane Keller
9,350円(10/17 12:09時点)
発売日: 2014/04/19
Amazonの情報を掲載しています