次回は『ビジネスの教科書』で検索ください

PPM分析の4つの事業成長パターンと具体例

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントの成長パターン

PPM分析:先行者利益で逃げ切ったパターン

次は、自ら新しい市場を開拓して独占し、先行者利益を得たまま逃げ切ったパターンです。

PPMの成長パターン:先行者利益

相対的市場シェアは無限大

このパターンは存在していない新市場であるため、

  • 市場成長率:不明
  • 相対的市場シェア:無限大

という不思議な状況になります。

誰も見たことのないような新しい市場であるため、「市場成長率」は誰にもわかりません。

しかし売上が上がれば、売上の成長=市場の成長となります。もしスタートダッシュがうまくいけば「市場成長率」は非常に高くなります。

さらに市場には自社しか存在していないため、初期段階の「相対的市場シェア」は無限大です。

旨味のある市場であれば、すぐに他社も参入し始めます。しかし先行者利益として独占的な状況を作っていれば、競合他社は市場シェアを伸ばすことはできません。

市場シェアを独占したまま金のなる木へ

競合他社がシェアを伸ばすことができないまま市場規模が成長すれば、その事業は圧倒的な「花形」事業になるかもしれません。

そのような状態を維持したまま、市場の成長が落ち着けば「金のなる木」事業に変化します。

「金のなる木」事業になれば、他の場合と同様に「問題児」事業に資金を提供できるようになります。

1 2 3 4 5