次回は『ビジネスの教科書』で検索ください

現在価値とは?Excelでの計算方法と割引率をわかりやすく解説

現在価値

現在価値の割引率と投資判断

ここからはより実践的に、会社の事業投資に置き換えて考えてみましょう。

例えば、

  • 新規事業A:100万円投資すると1年後に105万円の利益が得られる
  • 新規事業B:100万円投資すると1年後に101万円の利益が得られる

があるとします。

1年後のリターンが違う事業Aと事業B

もしあなたが「現在価値」という考え方を知らなければ、

どっちの新規事業も投資額より増えるから儲かる!

と思ってしまうかもしれません。

しかし先ほどの「高級腕時計」の例を知っているあなたは、そうは考えないはずです。

なぜなら、

  • 損するか得するかは「割引率」次第

であることを知っているからです。

今回は、事業投資の100万円を「銀行から借り入れる」ことにしました。

ここでの借り入れは、

  • 金利3%

だったとします。

そうすると1年後、あなたの会社は銀行に「利子3万円」をつけた「103万円」を返す必要があります。

銀行で借りた場合の金利が3%とする

つまり、お金を貸す「銀行」にとっては、

  • 手元からなくなる100万円 = 将来返済してもらえる103万円

になります。

ということで、

  • 割引率3%

で計算することにします。

割引率3%で1年後の事業の現在価値を計算する

これを先ほどの計算式、

  • 現在価値 = N年後の金額 ÷ (1 + 割引率)^N年後

に当てはめて計算してみると…

割引率3%で1年後の事業の現在価値の計算結果

ということで、

  • 新規事業Aの現在価値:101.9万円
  • 新規事業Bの現在価値:98.1万円

になりました。

つまり銀行に利子率3%でお金を借りて事業投資をした場合、

  • 新規事業A:100万円の投資に100万円以上の価値がある
  • 新規事業B:100万円の投資に100万円の価値がない

ということがわかりました。

この結果、

  • 新規事業Aだけに事業投資をする

ということになります。

1 2 3 4