ファイブフォース分析のやり方:無料テンプレートあり

ファイブフォース分析とは、ビジネスの外部環境を「新規参入業者」「代替品」「顧客(買い手)」「供給業者(売り手)」「既存企業」から受ける5つの競争圧力を分析することで、その業界が儲かりやすいかどうかを判断するフレームワークです。

ファイブフォース分析5つの競争要因

ファイブフォース分析のやり方は、

  1. 分析対象の産業や業界の範囲をハッキリさせる
  2. 競争圧力を洗い出す
  3. 影響力が大きい情報を整理する
  4. 儲けやすいか儲けにくいか判断する

です。

ここで上記の手順をわかりやすく説明します。またファイブフォース分析用テンプレート(パワーポイント形式、登録不要)も無料でダウンロード可能です。

5つの競争圧力

ファイブフォース分析では、

  • 新規参入業者
  • 代替品
  • 顧客(買い手)
  • 供給業者(売り手)
  • 既存企業

の5つの競争要因から生まれる、

  • 新規参入の脅威
  • 代替品の脅威
  • 顧客(買い手)の交渉力
  • 供給業者(売り手)の交渉力
  • 既存企業のポジション争い

これらの5つの競争圧力を分析します。

それぞれの具体的な例や、より詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

ファイブフォース分析とは?ポーターの5つの競争要因の例

ファイブフォース分析の目的

ファイブフォース分析の目的は、分析対象となる業界が魅力的かどうか(儲かるかどうか)を判断することです。

以下がファイブフォース分析の特徴になります。

出来ること
  • 業界の特定の瞬間をとらえて分析する
  • 5者の競争圧力をバラバラに考える
  • 全ての企業が合理的に判断することを前提にする
出来ないこと
  • 時間による業界環境の変化をとらえて分析する
  • 5者の関係性を考慮して競争圧力を考える
  • 不合理な判断をする競合の存在を想定する

ファイブフォース分析は、その分析した時点の様子しかとらえることができません。分析をして戦略を考えて、さてこれから実行…という時には状況が変わっているかもしれません。

また5者による圧力はバラバラに表現されているので、基本的にそれぞれを個別に考えることになります。複数の圧力が組み合わさった場合の影響は、分析しにくいと言えます。

もうひとつ重要なのは、このフレームワークは経済学がベースにあるため「みんな合理的な判断をする」のが前提にあるということです。例えば「仕入れが難しいから儲かりにくい。だから新規参入は今後も少ないだろう。」という分析結果が出たとします。しかし実際には、それでも参入して業界にイノベーションを起こし、圧倒的シェアを奪う企業もいます。

ファイブフォース分析のやり方

ここで使うファイブフォース分析テンプレートは、こちらからダウンロードできます。登録不要でご利用いただけます(メールアドレスなど不要)。

ファイブフォース分析用テンプレート(無料:パワーポイント形式)

ステップ1
分析対象の産業や業界の範囲をハッキリさせる

まずは分析の対象になる産業や業界を明確にしましょう。ひとえに「〇〇業界」と言っても、分析をするメンバー全員の認識が同じとは限りません。また一人で分析を進める場合にも、いろいろと調べていくうちに分析対象がブレてしまうことがあります。そうならないように、最初に分析する対象をハッキリと文字にして書いておきましょう。

ファイブフォース分析の分析対象

ステップ2
競争圧力を洗い出す

ステップ1の対象範囲を意識しながら、5者それぞれが生み出す競争圧力を洗い出してみましょう。ここでは、

  • 価格を下げる競争圧力
  • コストを上げる競争圧力

のどちらであるのかを意識してください。

ホワイトボードや模造紙に付箋を貼る時には、「価格を下げる競争圧力」と「コストを上げる競争圧力」で色を変えておくと分析がしやすくなります。

ファイブフォース分析の競争圧力

ステップ3
影響力が大きい情報を整理する

5つの競争圧力の洗い出しができたら、自社にとって影響力が強いものを残して整理しましょう。アイデアをグループ化したり、不要な情報を取り除いたりしてください。

ファイブフォース分析の競争要因の整理

また、なぜそのようなことが起こっているのかを考えることも重要です。何かの大きな変化が原因で、競争圧力が生まれているのかもしれません。例えば、貿易摩擦が原因で原料の輸入が難しくなり、供給業者の交渉力が高まっている場合などです。そんな時には、PEST分析も活用してみましょう。

PEST分析とは?読み方とその目的:政治・経済・社会・技術で外部環境を分析
ステップ4
儲けやすいか儲けにくいか判断する

ファイブフォース分析を行う目的は、その産業や業界が儲かりやすいのか儲かりにくいのかを見極めるためのものです。そのため最終的には自社にとって、儲けやすいのか儲けにくいのか判断することが重要です。

  • 結論「〇〇業界は自社にとって儲けやすい!(or 儲けにくい)。理由は〜〜」

問題点とうまく分析するコツ

ファイブフォース分析にも、下記のような問題点が存在します。

  • 5つの競争要因の連携や関係性が見えにくい
  • 産業や業界の範囲設定で分析結果が大きく変わってしまう
  • 離れた別業界からのイノベーションの影響を把握しにくい
  • 時間の経過による変化を考慮しにくい

まずフレームワークで5つの競争要因に分解しているため、5者の競争圧力はバラバラに考えなければなりません。しかし現実は5者がお互いに影響しあって、生まれる競争圧力もあります。例えば原料の供給業者が、別業界からの新規参入を促すことも起きます。そういった動きには、ファイブフォース分析のフレームワークで対応しにくいので、分析結果で補足をしておきましょう。

分析対象をどこまでの範囲とするかは、非常に重要で分析結果を左右します。複数人で分析をする時は、特に気をつけましょう。まれに別業界の会社が突然参入してきて、自分たちの業界をひっくり返すようなイノベーションも起こりますが、この分析ではとらえきれません。

そのためPEST分析も併せて行い、より広い視野でも考えておきましょう。また特定の瞬間を切り取る分析方法なので、時間の経過の変化を分析するのには適していません。中長期的な分析に活かすなら、過去・現在・将来などの複数のファイブフォース分析を行う必要もあります。

PEST分析とは?読み方とその目的:政治・経済・社会・技術で外部環境を分析

ということで以上のコツをまとめると、

  • 5者の関係性が高い場合は分析結果に補足する
  • 分析対象の範囲を明確にして分析結果と併せて他人に伝える
  • PEST分析から業界の外の変化もつかむ
  • 過去、現在、将来予測の3つのファイブフォース分析をする

となります。

無料テンプレートのダウンロード

ファイブフォース分析テンプレートは、こちらからダウンロードください。登録不要でご利用いただけます(メールアドレスなど不要)。

ファイブフォース分析用テンプレート(無料:パワーポイント形式)

  • ファイブフォース:5つの競争要因図
  • ファイブフォース分析用テンプレート

が収録されています。

おすすめの書籍

ポーター教授本人の言葉で簡潔に書かれている本はこちら。第2章の「競争の戦略 5つの要因が競争を支配する」という記事で、ファイブフォース分析について詳しく説明されています。

戦略論 1957-1993 (HARVARD BUSINESS PRESS)

戦略論 1957-1993 (HARVARD BUSINESS PRESS)

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー編集部
14,327円(07/17 00:43時点)
発売日: 2010/05/14
Amazonの情報を掲載しています