4M(よんえむ)

要するに…

4Mとは「Man(作業者)」「Machine(機械設備)」「Material(原材料)」「Method(作業方法)」の頭文字で、生産においてQCD経験曲線効果を実現するために投入される資産のことです。また問題点を分析・発見するための視点としても使われます。

作業者

Man(マン)は作業者のことです。生産では過剰人員や不足、手待ち、習熟度など、作業者に関する様々な調整が必要になります。そのため生産形態に合わせて、単能工の採用や多能工の育成を行わなければならなりません。分析方法としては、作業分析や動作研究を行います。

また下記の3つの要素「Machine(機械設備)」「Material(原材料)」「Method(作業方法)」を運用するのが「Man(作業者)」であり、4つの要素の中で最も重要なものとされています。

機械設備

Machine(マシーン)は機械設備のことです。後述の「Method(作業方法)」とあわせて、機械設備の調達・製造、作業機械のレイアウト、生産ラインの自働化などを検討します。SLP(システマティック・レイアウト・プランニング)においては、「Man(作業者)」とあわせて様々な分析方法あります。

原材料

Material(マテリアル)は原材料のことです。購買活動ではどのような原料や部品をどのように調達し、在庫をどのように管理するかを考える必要があります。MRP(Material Requirement Planning)を利用した資材管理や、様々な在庫管理・購買管理活動が存在しています。

作業方法

Method(メソッド)は作業方法のことです。生産形態を受注生産にするのか見込生産にするのか、ライン生産方式を採用するかセル生産方式を採用するのか等、「Man(作業者)」「Machine(機械設備)」を上手く使ってどのように作業工程を進めるのかを考えます。

QCDと経験曲線効果についてはこちらの記事をご覧ください。

QCD(きゅーしーでぃー) 経験曲線効果(けいけん-きょくせん-こうか)