ファイブフォース分析(ふぁいぶ-ふぉーす-ぶんせき)

要するに

ファイブフォース分析とは、5種類の競争圧力を分析して、その業界が「儲かりやすい」のか「儲かりにくい」のか判断する方法です。

分析方法

どんな会社でも、その業界が持つ競争の圧力にさらされています。その競争圧力を5種類に分けて分析するのがファイブフォース分析です。5つの競争圧力は、新規参入業者・代替品・顧客・供給業者・既存企業から生み出されます。その圧力が強ければ強いほど、その業界は儲かりません。

新規参入の脅威

新規参入の脅威は、海外から安い輸入製品の増加や、異業種からの参入など、自社や競合他社以外の新しい事業者が市場に参入してくることなどです。新規参入業者に顧客を奪われてしまうと、その分儲けが減ってしまいます。また顧客を奪われなくても、市場での供給量が増えることで価格低下が起こります。

代替品の脅威

代替品の脅威は、似たような役割を果たす商品やサービスの価格が下がったり、消費者の手に入りやすくなったりすることなどです。消費者が代わりのものを買うようになってしまえば、自分たちの商品やサービスの売り上げが減っていきます。

顧客の交渉力

消費者の交渉力は、相手が限定されるほど強くなります。極端な話、自社の製品を仕入れてくれるお客さんが1社しかいない場合は、価格は相手の言いなりになるしかありません。また競合他社の製品に乗り換え易い場合も、消費者の交渉力は高くなります。お客さんの立場が強ければ、自社の利益はどんどん削られて、利益が減ってしまいます。

供給業社の交渉力

供給業社の交渉力も、相手が限定されるほど強くなります。特別な部品を作っている会社があって、自社はそこからしか仕入れができない場合は言い値で買うしかありません。そうなるとコストに圧迫されて、利益が減ってしまいます。逆に様々な会社から仕入れができる場合は、自社の交渉力が高くなります。

既存企業のポジション争い

競合企業同士の敵対関係とも表現されます。既存企業のポジション争いは、同じ業界で商売をする業者が多ければ多いほど強くなります。競合他社を出し抜くことは難しく、広告宣伝にもお金がかかり、値下げ競争に拍車がかかります。そのためお互いの競争のために、利益がどんどん削られてしまうのです。

さらに詳しい情報はこちら。

ファイブフォース分析のやり方:手順と分析のコツ