クロスSWOT分析(くろす-すうぉっと-ぶんせき)

要するに

クロスSWOT分析とは、SWOT分析の結果を組み合わせて、4つのタイプの戦略を生み出す手法のことです。強み・弱み・機会・脅威の4つの要素を掛け合わせる(クロスする)ので、クロスSWOTと呼ばれています。

もうちょっと詳しく説明すると…

SO戦略は、強みでチャンスをつかみ取る戦略です。例えば「〇〇減税」などの新しい減税制度での需要の増加を見越して、強みである生産能力を一段と強化させておくなどの戦略です。

WO戦略は、チャンスで弱みをカバーする戦略です。例えば輸入関税が撤廃された国から原料を輸入することで、ネックになっていた原価率の高さをカバーする戦略などです。

ST戦略とは、強みを生かしてリスクを乗り切る戦略です。例えば海外で起こった戦争で原料が高騰することが予想される中、強みであるコスト競争力をさらに推し進める戦略などです。

WT戦略は、リスクに対する弱みの影響を最小限にする戦略です。例えば人口減少が見込まれるターゲット層への広告費を削減して、効果の薄い施策への支出を抑える戦略などです。

さらに詳しい情報はこちら。

クロスSWOT分析のやり方:4タイプの戦略立案とその手順